摩訶不思議の実力派 FEEL SO BAD

摩訶不思議な奴らなんですね。
VAN HALENらしきリフ、METALLICAらしき重低音、MEGADETHらしき知的構築美、DREAM THEATER的プログレメタル感、そしてビーイング直系の歌いまわし、過激且つおバカな歌詞・・・
これらを全部ひっくるめるとFEEL SO BAD(フィール・ソー・バッド)になるんですね。

ビーイング系から出現し、スマッシュヒットも記録した女性シンガー川島だりあ(Vo)とウルトラテクのギターヒーロー倉田冬樹(G)がタッグを組み突如として現われた技巧派ユニットです。
c0064706_111965.jpg

1stアルバム「AFFECT on your brain」はかなりPOPさを持つメロディー(ある意味ビーイングらしさかな)が目立ちながらもしっかりROCKしているんですね。好感触!!

倉田冬樹のギターがとにかく印象的。極悪なリフ、重厚なバッキング、そして流麗且つ華麗なセンス溢れるフレージングによるギターソロとかなりの実力派ぶりを発揮してて正直ぶったまげました。唖然。ここまで弾ける奴いるんだなあって。勿論ね当時RABBITの野下俊哉とかHOUND DOGの西山毅とか確かにPOPなHR系バンドでテクニックに注目していた人はいるんですが・・・

またリズム隊が強力なんですねえ。ベースに永井敏巳、ドラムに手数王こと菅沼孝三ですよ。デッド・チャップリン繋がりですかね(懐かしー)。この屈強でテクニカルなバックのサポートが素晴らしいんですよ。時折入ってくる強烈なオカズとか・・・サスガの一言です。

楽曲では超ドPOPなM8「V8DAZE」がヒジョーに爽快で気持ち良いですね。M9「積み木の城」のやや泣き加減も好みです。また、実はテレ朝系ドラマの主題歌だったシングルM10「Ready or not」の歌謡曲的ロックも意外に好きだったりしますね。
この作品以降、よりヘヴィーかつグルーヴィーな方向に向かってゆく彼らがゆえに、このアルバムのPOPさはかなり特徴的です。またその微妙な歌謡曲加減がボクは好みなんですけどね。

この後パーマネントメンバーとして上記のフロント二人に大橋雅人(B)、山口“PON”昌人(D)のリズム隊が加わりよりタイトなバンドへと劇的に成長する彼ら。さらに素晴らしい作品をリリースしていきます。12ヶ月連続アルバムリリースというギネス級の荒技も後々には飛び出しますし(笑)ほんで疲れきって無期限の活動休止へと・・・
c0064706_1112834.jpg

ボクにとっては3rd「ENDORPHINE」が彼らの最高傑作ですね。
バンドになって結束力が明らかにパワーアップし、ヘヴィー、グルーヴィーで、さらにひねくれメロディアスさがたまりません。強力ですよこのサウンドは。マジっす。誤解を承知で例えるならばどこかMEGADETHのアルバム「破滅へのカウントダウン」的な雰囲気を感じさせます。

M1「ANIMAL」から飛ばしてますね。最高のリフに始まり余り抑揚のないヴォーカルが逆に刺激的。ギターソロは高速ポルカで笑っちゃいますが激テクです。

極悪なフィードバックからグルーヴィーなリフに入っていくタイトル曲M2もグサリと来ますね。重い重い。中間部からギターソロのパートは一大ドラマ!カッコ良過ぎですー。

珍しいロックンロール風のイントロにビックリのM3「ハマッテシマッタ」も気持ち良いですし。チョーキングがまた良い味出してるのよっ。

M4「FAITHLESS CHILDREN」のヘヴィーでドラマティックな構成も素晴らしい。ギターソロはいわゆるスケール(音階)から組み立てていってるんだけどホント痛快ですね。無機質に感じさせない手腕は素晴らしい。

そして個人的には一番の押し曲がM5「悲しみに逢いたくて」!!イントロから必殺の変拍子ですよ。ミディアムチューンなんだけど本当に刺激ある壮大な作りになっており泣けます。

M6「狂育者」も強烈なヘヴィーグルーヴ。ツーバスが気持ちイーッ。エフェクティブなギターソロも激烈。後半部のディミニッシュがネ!またツボ!

M7「スライムになりたい」なんかまんまMEGADETHでしょう。緩い「HUNGER18」って感じかな。ソロはもろマーティ節です。

M8「HEAVEN」は大人なFEEL SO BADが垣間見えるミディアムチューン。オクターブ奏法が渋いです。こういう曲もさらっと出来ちゃうとこがね、やはり実力派でしょう。

M9「憂鬱な快楽」がまたクールで痺れます。これまたMEGADETH調。この頃メンバーがハマッテたんでしょうかねえ?ギターソロはウリ・ロート風です。泣いてるねえー。

M10「顔で笑って心で泣け」でガッツリとアゲていきましょう。

ラストM11「大好きQUEEN」はタイトル通りQUEENリスペクトっていうかパロディ。笑えるし、面白いっすよ。サビの歌詞なんて「大好きクイーン 音楽はウィーン」だもんね(笑)ギターは思いっきりブライアン・メイしてますよ。最後の最後でスラッシュメタルになるとこがまたナメててサイコー。

と期せずしてこのアルバムの全曲解説にいつのまにか相成りました。聴いて下さいってコトです。要は。
c0064706_1184428.jpg

彼らの楽曲の中から1曲をというと4thアルバム「IN TRANCE」収録のM2「したたかになれ」をセレクトしたいんです。モロにDREAM THEATERです。聴いてみて驚いてください。この凄まじいばかりの演奏力。間抜けかつ過激な歌詞。もうなんもいいません。これが彼らなんです。
c0064706_114398.jpg

さらにさらにこのバンドにはまり、ギタリスト倉田冬樹をもっともっと追及したくなったら(そんなやついるんだろうか・・・)彼のソロアルバムにしてオールインストの作品「4・3・2・0・0」をチェックしてください。リズムは本人がプログラミングして打ち込んでいるので、生楽器と比べるとやや物足りないけど、彼のよりメロディックな部分がたっぷり味わえますよ。さすがクラシックを通っただけあるなと。時にヴァイっぽさも見られたりしてちょっと彼にしては珍しいフレーズが楽しめます。様式美的要素に頼らない作りには好感が持てますね。ただ、ギターインストとしてはやや地味めかなあ。

とまあ、長々と書きましたが、ほとんどの人はあまりこのバンドノーチェックなんだと思います。今まであった中でこのバンドの話できたの3人だけだし・・・サビシー。
まあとりあえず1曲聴いてみてくださいまし。特にHM/HRファンの方!笑って泣いて欲しいです。彼らの音楽を聴いて。
[PR]
by sorapapa227 | 2005-09-12 01:12 | 音楽 | Comments(0)


大好きな音楽やギタリスト、食、サッカーなど、程よくテキトーな日常日記


by sorapapa227

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
音楽

蹴球

雑記
ラーメン記

麺即撮

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
more...

最新のコメント

桃猫さん こちらこそお..
by sorapapa227 at 10:42
どうも、しばらくぶりでご..
by 桃猫 at 09:53
240_8さん こちら..
by sorapapa227 at 12:21
ご無沙汰してます。我が家..
by 240_8 at 14:54
DOUGさん、こちらこそ..
by sorapapa at 22:02

最新のトラックバック

倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..
野武士、西へ
from 天竺堂の本棚
春畑道哉 「Smile ..
from 音楽の杜
Vandenberg 「..
from 音楽の杜

お気に入りブログ

k_17g's warp 3
空の成長日記
ROCK ANTHOLO...
I Can Hear M...
音楽の杜
シェリリのギター練習日記
TEYUKUNのつぶやき
上村愛子オフィシャルブログ

外部リンク

ライフログ























































































ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
食べ歩き

画像一覧