<   2005年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

最悪にまずい回転寿司・・・

仕事の間に新宿で昼食がてら回転寿司し行ったんだけど。
ここが思いっきりハズレ。
シャリがどーしようもなくマズイ。
自動のシャリ握りはまだ許すが、カピカピに乾いててサイテー。
やはりシャリが駄目だと寿司は成り立たん。
3皿しめて390円でおいとましましたよ。
1皿130円を売りにするのはいいがせめてシャリだけでもしっかりしてくれってーの。
名前出しちゃうぞ二葉さん。
もーしわけないが二度とあんたの店には行きませんからー。
食べ物の恨みは根に持つんだよね、俺。
[PR]
by sorapapa227 | 2005-04-30 21:55 | | Comments(0)

のんびり独り暮らし

やった、久々にゆっくり休めるよ。
最近仕事仕事でねえ、なんか疲れ溜まってたんだが。
GW前半戦はゆるりとしちゃいます。
若干会社の宿題あるんだけどね。

空もママも帰省しちゃったからね。
ビール片手にサッカー観て、爆音でCDかけまくるぞー。
ブログをママの手ほどきで開設して3ヶ月。
一番変わったのは改めて音楽を聴くようになったことだ。
好きなアルバム紹介するのになんか聴き直したい気分になるしね。
あと、i-podをようやく手に入れたことも大きい。
新譜中心だったのが懐かしの旧譜をね、ほろりときます。

ちょっと体調も崩し気味のここ1週間だったので、リラックスして万全にするべし。

空とママがいないのは気楽な面もあるけど、少し寂しい面もね。
でも楽しんじゃいます。
[PR]
by sorapapa227 | 2005-04-29 13:41 | 雑記 | Comments(2)

変幻自在のギター エイドリアンブリュー

当時、トーキングヘッズや後期のキングクリムゾンに思い入れのなかった(というか理解する素養がなかったんだろうが)僕にとってエイドリアンブリューはソロアルバムの人だった。

周りからブリューの「エレファントトーク」はスゴイとか色々聞いて、こいつはチェックせねばと。
c0064706_1263926.jpg

最初に聴いたのは丁度新譜で出てた「YOUNG LIONS」。これが良かったのよ。ヴォーカルは渋すぎじゃんとは思ったものの曲調が想像以上にPOPで、その中でギターが色々色々と駆け巡ってて。音色は変幻自在で、反則的なエフェクターの使いっぷりも、楽曲に溶け込んでいて気持ちよすぎでしたな。
特にM2「PRETTY PINK ROSE」がお気に入りだった。ヴォーカルはデビッドボウイですよ。切なROCKが染みます。ギターソロも痺れます。やっぱこの人は音作りが刺激的です。音色に聴き惚れるってのかなあ。やたらエフェクティブってのもどうかと思うがその辺の匙加減が適度でインパクトも残してるのだろうね。
渋いところでトラベリングウィルベリーズのカヴァーとかやってます。
たぶん、ビートルズの影響とか濃ゆいんだろうなあ。ソロの楽曲は基本的にかなり歌モノでPOP志向が強いです。そこがとても好きなんだけどね。

c0064706_1272648.jpg

次作の「INNER REVOLUTION」もよく聴いたな。こちらはよりキャッチーですよ。元PERSONZの本田毅の熱いライナー解説も良かったです。

そういえば一時期CMにも出てたなあ。ニコニコしながらカモメの泣き声とかギターで鳴らしてた気がする。あれ何のCMだったんだろ?

クリムゾンの来日で生ブリュー見たときは、おいおいあの変拍子でよく弾きながら歌えんなってのが一番の感想。また、フリップ先生始め皆がマジ演奏なのにどこかブリューはとぼけた表情で楽しそうに演っているのが印象的でした。人の良さが顔から滲み出てるよ、ホントに。

ADRIAN BELEW
[PR]
by sorapapa227 | 2005-04-26 01:29 | 音楽 | Comments(2)

ギター狂いのヒキガエル DWEEZIL ZAPPA

ザッパの息子にしてあの美形のルックス、ドゥイージルザッパ。
親父の影響も多大なんだろうけど、ギター的にはVAN HALENから学んだ部分が多いとは本人の弁。VAIにも直接手ほどきを受けたりしてフランクの息子が故の素晴らしい音楽環境だったのだろう、きっと。

ソロアルバム(たぶん3rd)「CONFESSIONS」は非常にアメリカンPOPなギターアルバムでよーく聴いた記憶がある。
c0064706_23323644.jpg

当時のドゥイージルのアイドルだったヌーノベッテンコートのプロデュースでアメリカンな仕上がり。エクストリームのゲイリー、パット、ヌーノのコーラスもたっぷり入っているせいかかなり爽快な作品です。ヴォーカルは曲によってドゥイージル、弟のアーメット、ヌーノ、そしてシークレットでオジーオズボーンがとっていて楽しい。
ギタリストのゲストも盛り沢山。プロデューサーのヌーノは勿論、ザックワイルド、ウォーレンデマルティーニ、スティーブルカサー、ティムピアス、マイクケネリーと豪華布陣。
中でもビージーズのカヴァー「ステインアライブ」でのギターバトルは聴き応えがありすぎますぞ。
ドゥイージルに続きザックが骨太ペンタトニックソロで攻めまくり、ルークがコンパクトにまとまったフレーズで繋ぎ、ウォーレンの流れるようなソロ、印象的なカッティングで始まりリズミックに決めるヌーノ、とどめはかなり計算高いインテリなメロディーをつむぐティム(個人的にはこのソロが一番好き)ともうおなかいっぱい。
M1のギターオーケストレーション全開のイントロから嫌が応にもテンションが上がります。ビートルズのカヴァーやインストなどもあり聴き所が多い隠れた名盤でしょう。廃盤にするには惜しい佳作。ただギターサウンド的にはややエフェクティブさが当時を思い出させて懐かしいですが・・・
c0064706_23325976.jpg

VAIのレーベルから発売された久々のソロアルバム「AUTOMATIC」は期待していたのだけど、ややイマイチかなあ。メカニカルな楽曲が多く聴いててもあまり楽しくないッていうかインパクトにかけるんですよね。クラシックピースのビゼーのカルメンを取り上げたりしてるのだがこれも今ひとつで。テクニックやサウンドには遊びがあるんだけど、やはり楽曲のクオリティがもう一つって感じなので余り高い評価はできなかったな。もっと良いアルバム作れる才能はあると思うんだけど。
あ、あの人は今的なギタリストでブルースサラセノが1曲ゲスト参加してます。

そろそろ、大人なギターアルバムをザッパファミリーで作って欲しいものです。期待してるからさ。
[PR]
by sorapapa227 | 2005-04-24 22:53 | 音楽 | Comments(4)

ザッパ直系のマルチ野郎 マイクケネリー

マイクケネリーは素晴らしい。
ギター、鍵盤はメチャ巧だし、ヴォーカルも低域系だけど味がある。
さすが後期のZAPPAを支えていただけはある。
何より音楽の引き出しがとにかく多く幅広い。
唯一ルックスがねえ。おっさん過ぎなのが玉に傷。
c0064706_22101498.gif

ソロアルバム「hat」はよく聴いたなあ。これもレコ評買い。XTC、ビートルズなどの匂いを感じさせながらも、ひねくれたPOPなメロディー。繊細なギターオーケストレーション。ザッパ風なモードなギターソロなど聴き所は多い。曲数も多くてヴォリューム満点。
でもやはり楽曲がヴァラエティーに富んでて飽きさせない。
テクニックに走り過ぎない仕上がりはギターファン以外にも聴いて欲しいところ。

VAIのバンドにキーボード兼ギターで参加してからは多少名前も一般に落ちたのかなあ。まるまるとした体にふざけた帽子、そんな格好でVAIと激ヤバフレーズをユニゾン、ハモる余裕の姿はかなりショッキングだったな。インタビューではっきりとVAIのバンドに参加した理由を知名度を利用して自分を売り込みたいと語ってたのは印象的だった。そうでなきゃね。
c0064706_22104456.gif

もっとソリッドなマイクを知りたければビアーフォードルフィンズ名義の「ALIVE IN HOLLYWOOD」がオススメ。二枚組で内容も良い良い。

もっともっと知名度上がって欲しいね。
この人マルチすぎるのかなあ。色々なところで活躍してるんで、こんなところにも登場なんてケースが多く、楽しいんだよね。

MIKE KENEALLY
[PR]
by sorapapa227 | 2005-04-24 22:12 | 音楽 | Comments(0)

三拍子揃い過ぎ リッチーコッツェン

RICHIE KOTZEN、まさかここまでメジャーになると思わんかった。
でもね、昔から結構好きでした。

ギターもテクニックは当然、ルーズなチョーキングとか、荒々しい弾きっぷりとか、そして、何よりヴォーカルが最高に巧いし味があるんだ。ギタリストでヴォーカルにチャレンジするケースは多いが、なかなか巧いじゃん的なことは多くても、唸るほどってのは少ない。
その点リッチーは平均点を遥かに超える巧さ。
普通にヴォーカリストメインでもやってけるほどの実力の持主。
ポールギルバートとか、VAI、サトリアーニ・・・みんなゴメンナサイ。
やはりリッチーでしょ。ルックスも二重丸だし。

といいながら、やはり注目は彼のフレージングとリズム、楽曲。
c0064706_22171162.jpg

3rd「ELECTRIC JOY」はオールインストながら、ファンク、ブルース、フュージョン色が強い楽曲がとてもとても印象的。
その中でも特にグルーヴィーなカッティングが素晴らしい。またソロのフレーズもぶっとびなスウィープからタップ、またあざとい位のチョーキングとか最高に攻撃的でかっこよい。
HR系のインストが多い中、テレキャスターを駆使したこのサウンドはなかなか注目だった。

リッチーがポイズンに電撃加入して完成したアルバム「NATIVE TONGUE」もかなり好き。
c0064706_22173527.jpg

CCデヴィル時代とはかなり違って本格的なアメリカンロックをやっている。ブルースやソウル、はたまたゴスペルの要素もちらほら。パーティーロックとは無縁の大人なアルバムです。
リッチーもギタリストとして大暴れ。鋭く切れ込むバッキンングから、とにかくかっこいいソロ、と盛り沢山過ぎるくらい。アコースティックギターの小品インストも激テク。余裕すら感じます。残念ながらドラムの彼女を奪ってしまいメンバー関係が険悪になり、即脱退になってしまったのは惜しい。ポイズンとしては幻の一枚になるんだろうな、これは。

この人色々活動も幅広いんだよね。
凄腕スタンンリークラークらとのプロジェクトVERTUのアルバムもサイコーの内容でした。
c0064706_22175724.jpg

ヴァイオリンとキーボードもいるので、サウンド的にはどこかドレッグスを思わせる部分もありますな。ややフュージョン色が濃いけれども。
しかし、メンバーはみなさんものすごいテクニックで気持ちよすぎ。
リッチーのギターもとにかく素晴らしい。彼的にはもっと激テクなアルバムもありますが、伸びやかに歌いかつ複雑なフレーズをかます実力はさすがだなあ。
ヴォーカルも披露してますよ。
これは今でもたまに聴きたくなる名盤でしょう。

c0064706_22182974.jpg

また、彼のヴォーカリスト、ギタリストとしての実力を存分に味わえるトリオがマザーヘッズファミリーリユニオン。これはホントにソリッドかつアグレッシブなリッチーが堪能できます。
このアルバムで初めてリッチーを認めた人も多いと思う。歌もサイコー。天は二物を与えてしまったのですよ、彼には。

このほかにもグレッグハウとのアルバムも良いし、ソロアルバムも味わい深くて良い。この人極端なハズレはないと思う。そうそう、ミスタービッグのことには全く触れなかったけど。あれはあれでってことで。おかげさまで名前はメジャーになったし、ヤンギの表紙も飾れるようになったのはこの出来事が大いに関係してるでしょう。脱退したポールに感謝感謝のリッチーなのでした。
[PR]
by sorapapa227 | 2005-04-23 22:23 | 音楽 | Comments(6)

ランチ寿司

最近ランチ寿司に凝ってます。
安くて美味いのをさがして。

お決まりで1000円以内ってのが条件かな。
さがすと意外にあるもの。
でも、やっぱり量は少な目かなあ。

がっつり食べたい人にはちょっと辛い。
だいたい巻物含め8から10貫くらいってのが多いからね。

護国寺のビック寿司とかはネタが異常にでかいんでかなりおなかいっぱいになるけど。
最近では寿司常グループ系と有楽町のよ志乃寿司が良かったかも。

これからも安くて旨い寿司をさがしましょ。
あんまないけどね。
[PR]
by sorapapa227 | 2005-04-23 21:33 | | Comments(0)

空 初散髪

空満二歳にして初散髪。
さすがに目にかかるくらい髪が伸びてきたのでね。
普通の鋏でチョキチョキと。
なかなか楽しいもんだと。
今度はもっと本格的にやってやろうかなと。
せめて散髪用の鋏揃えんとね。
[PR]
by sorapapa227 | 2005-04-23 21:26 | 雑記 | Comments(0)

第一期DEEP PURPLE なかなか乙です

ストレンジデイズのパープル特集を読んでいたら、無性に第一期DEEP PURPLEが久々に聴きたくなった。
c0064706_1514359.jpg

何年ぶりかに2nd「詩人タリエシンの世界」3rd「Ⅲ」を引っ張り出して聴いてみました。
懐かしい、ホントに。まだこの頃のパープルはサイケデリックなHRを演っていて、当時はアメリカを意識していたんだよね。ヴァニラファッジのようなアートロック色がかなり強い。でもジョンロードのクラシック色も全開。曲によってはもろにそれが出ています。

肝心のリッチー御大ですがまだES335がメインだったりして音のえぐさはそれほどでもありませんが、やはりこの人只者ではありません。思いっきり主張しちゃってますね。さりげなくアーミングもかましてます。改めて聴くと、スライドなどちょっとJEFFBECKっぽいフレーズも多い気がしますね。

ヴォーカルのロッドエヴァンスも良い味出してます。確かにHRには向かない声質なんですが、バラードなど緩い曲は絶品。どこか囁く様な歌声が染みます。
c0064706_1521318.jpg

結構カヴァー曲含め良い曲がありますよ。インストもあるし。
以外にも「ケンタッキーウーマン」とか好きですね。キャッチー過ぎるけど、リッチーのうねうねした変な音使いのソロなんかインパクトあります。
インスト「ハードロード」でのロードとリッチーのハモリ、絡み、またロードのクラシック色が炸裂する「アンセム」「エイプリル」なんかは聴き応えがあります。

HR好きにはパープルといえばやはりギラン、デビカバのヴォーカルなしではありえないとは思うのですが、音楽的にはなかなか興味深い第一期も乙だと思いますよ。
2ndはジャケもなんか良い感じだしね。

久々に聴いてみてパープルを聴きなおしてみようかなという気分になりました。
「BURN」の30周年記念の豪華盤のリリースもせまっているし、ひと盛り上がりしたい感じになってきました。
[PR]
by sorapapa227 | 2005-04-18 01:52 | 音楽 | Comments(0)

復活 ブレンダンベンソン に拍手

BRENDAN BENSONの1st「ONE MISSISSIPPI」は非常に小気味良いギターポップの名盤だった。
c0064706_0482181.jpg

1996年の発売だったが当時日本では少し話題にもなった記憶がある。
元JELLYFISHのJASON FOLKNERをプロデューサーに迎え喧々諤々やりながら制作されたらしい。本人的にはあまり良い記憶がないらしいが、内容は素晴らしいですよ。
ひねりのある甘いメロディ、勢いある演奏、ヴォーカルも良かったな。
ストレンジデイズ的表現で言うところの、ビートルズの遺伝子系ではかなり強力なアルバムだと思う。ただ、後半が若干楽曲的に弱いところが少し残念かも。
とはいえかなり聴いたな。
c0064706_0483736.jpg

その後暫く名前聴かないなとは思っていたが、忘れたかけたころの2002年に輸入盤でひっそりリリースされてました。2ndアルバム「LAPALCO」が。前回の派手さはなくややローファイな香りも漂ってました。時折見られるブレンダン節にはオッと思わされましたがいかんせん地味な内容だったので・・・
c0064706_0485393.jpg

それがそれが、ついに出ました3rdアルバム「ALTERNATIVE TO LOVE」!これはなかなか良かった。1stの瑞々しさはもうないけれど、楽曲的にはブレンダンらしさが戻ってきていて嬉しい限り。まだ聴き込みが足りないのですが、前作よりは個人的には遥かに良い気がしているのです。残念ながら僕の大好きなジェイソンは制作には関わっていないようです。

うーむ、思い切って来日公演など期待してしまいましょう。
[PR]
by sorapapa227 | 2005-04-18 00:46 | 音楽 | Comments(0)


大好きな音楽やギタリスト、食、サッカーなど、程よくテキトーな日常日記


by sorapapa227

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
音楽

蹴球

雑記
ラーメン記

麺即撮

以前の記事

2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

最新のコメント

桃猫さん こちらこそお..
by sorapapa227 at 10:42
どうも、しばらくぶりでご..
by 桃猫 at 09:53
240_8さん こちら..
by sorapapa227 at 12:21
ご無沙汰してます。我が家..
by 240_8 at 14:54
DOUGさん、こちらこそ..
by sorapapa at 22:02

最新のトラックバック

倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..
野武士、西へ
from 天竺堂の本棚
春畑道哉 「Smile ..
from 音楽の杜
Vandenberg 「..
from 音楽の杜

お気に入りブログ

k_17g's warp 3
空の成長日記
ROCK ANTHOLO...
I Can Hear M...
音楽の杜
シェリリのギター練習日記
TEYUKUNのつぶやき
上村愛子オフィシャルブログ

外部リンク

ライフログ























































































ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
食べ歩き

画像一覧