<   2006年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

やっぱサイゼリヤ~

「ぱっとさいでりあ~」なんていうCMが一時期ありましたが。
本日のオイラにとっては、「やっぱサイゼリヤ~」という気分でいっぱいです。

ご存知でしょうかサイゼリヤ?
今や一大イタリアン(廉価版)レストランチェーン店ですね。
c0064706_2257825.gif

元々サイゼリヤは千葉県の本八幡で開店したイタリア料理の店でした。
オイラ、生まれが本八幡なもので、たまたまこの1号店に子供の頃何度か連れた行ってもらった事があるんです。その頃はチェーン展開など想像できないくらいの普通のお店でしたね。でもおさな心にやはりイタリア料理ってのはかなり鮮烈な記憶として刻まれてた模様です(笑)今でもかなり良いイメージ持ってますから。

ところで、家から徒歩1分の所にあるんですよ、サイゼリヤが。
たまーに利用してみたりしてるんですよ。
しかし、ここ本当に安い!しかも味もそこそこいけてる。

いわゆるファミリーレストランのチェーンって意外に値が張っててビックリすることもしばしばなんだけどここは違いますね。

なんたってお摘みは100円台から。パスタもピザも300円台からありますから。嬉しいのがプロシュートやムール貝、エスカルゴなどが格安で食べれるところ。酒飲みにはたまりません。なんたってグラスワイン一杯98円ですから(笑)

ってことで、久々に今日行ってみました。
ラッキーなことにウィンターフェアってことで生ビールがジョッキ1杯279円!!!
ありえね~って感じでしょ。発泡酒じゃないのよ、キリンの一番搾りでっせ!

空とママと3人で、ドリア、たらこパスタ、きのこピザ、ムール貝オーブン焼き、イカのリングマリネと食べまくり。オイラはジョッキ2杯、空はドリンクバー飲み放題、、、

おなかは大満足。味はまあまあ。お値段も大満足。

サイゼリヤ侮るなかれ。下手な居酒屋で飲み食いするよりよっぽどイケてますよ。
プロシュート、ムール貝、エスカルゴ、モッツァレラチーズとトマトのサラダなんかを肴にワインを傾けながら談笑、締めはパスタ、ピザあるいはドリアやリゾット、デザートもしっかりありますし。たぶんビックリする位の金額で大満足出来るのではないでしょうか(笑)

まあ雰囲気はファミレスなんでご了承を。

とはいえ、ちょっぴりオススメしてみたくなったりもするのでした。
[PR]
by sorapapa227 | 2006-02-26 22:57 | | Comments(4)

お帰り!POPSの魔術師 ロジャー・マニング!

死ぬ程大好きだったPOP職人集団JELLYFISHが解散してから早何年だろうか?

メンバーそれぞれはソロにバンドに活動してはいるものの、いつかの再結成を待ち侘びていたのも事実。オイラにとってアンディー・スターマー=ロジャー・マニングのコンビはレノン=マッカートニー、ディフォード=ティルブルックに匹敵する位の価値があるんですね。

バンド解散後、アンディーは奥田民生、PUFFYらとのコラボ(勿論全チェックですが/笑)は行ってたものの、自身の主だった動きがなく寂しいものでした。

一方、ロジャーはインペリアル・ドラッグでややハードロック寄りでサイケ風味なサウンドを、ムーグ・クック・ブックではPOPかつ実験的なおふざけ音楽を、と精力的に活動をしていましたね。またBECKともアルバムにツアーにと仕事しまくってましたなあ。

勿論、初代ギタリストのジェイソン・フォークナーやユマジェッツなども追いかけてました。逆にメインソングライターのアンディ=ロジャーよりも他のメンバーの活動の方がやや充実して見えたのは気のせいでしょうか。

でも、ここにきてロジャーが動き出しましたよ!
ついに待ちに待ったソロアルバムを完成させたんです。
c0064706_14141538.jpg

それがROGER JOSEPH MANNING JR.名義のアルバム「SOLID STATE WARRIOR」ですね。YMOとタイトルかぶってんななんていうことには触れないで下さい(笑)

いやいや、やってくれましたよロジャー!
ジェリーフィッシュを髣髴させる煌くPOPソングの数々。
まあ少し当時よりは大人っぽい楽曲に仕上がってますけどね。

それはまるでポップスの玉手箱。
キラキラの鍵盤も健在ですよ。
コレを待ってたんですよ!
コーラスもふんだんに入ってて気持ち良過ぎですねえ。

演奏は全てロジャーによるもの。
本当の意味でのソロアルバムですね。
ジェリーフィッシュファンは言わずもがな、ひねくれ系ポップス、職人系ポップスはたまたギターポップ、パワーポップ好きには訴える部分がかなりあると思いますよ!
実際はギターは前面には出てきてませんけどね(笑)

しかし、ジェリーフィッシュに対する日本での人気は未だ根強いと思われますが、本国ではイマイチなのかもなあ。今回も日本先行発売ですね。というかアメリカ盤やイギリス盤のディールはとれているのでしょうか???

もっと広くの人に届く事を願って止まないのです。
素晴らしい楽曲の宝庫なのですから。
[PR]
by sorapapa227 | 2006-02-26 14:14 | 音楽 | Comments(0)

やっぱいいのよ ハイロウズ

オイラが高校の時はバンドブーム全盛期!
名物番組「イカ天」もよーく見てましたよ。

学校ではBOOWY(解散後はCOMPLEX)、REBECCA、PERSONZ、ユニコーン、プリプリなどが大人気。

ややマニアックなところで筋肉少女帯、KATZE、ガスタンク、ザ・ベルズなんかの名前も挙がってました。

が、俄然勢力が強かったのがビートパンク系(当時はこんな言われ方でしたね、確か/笑)の2大バンドであるザ・ブルーハーツとジュン・スカイ・ウォーカーズでした。

かくいうオイラもみんなの熱狂振りにやや気後れしながらも、結構ハマリました。
なんたって、ツェッペリン命だった牛くんや小3の時にピンク・フロイドに衝撃を受けたという佐藤くんさえ、ブルハーは認めてたもんなあ(笑)

どちらかというとブルーハーツに思い入れがありますね。
あ、ジュンスカも勿論好きでしたよ、当時は。「マイジェネレーション」とか「素敵な夜空」とかね。

やや脱線しましたが、ブルハーの特に1stアルバムは大大大好きでした。カセット死ぬほど聴きまくりでしたね。マクセルのUD1っていうノーマルテープだったな確か・・・
たぶん今でも全曲歌詞みなくても歌えると思いますです(笑)
c0064706_2192779.jpg

「未来は僕らの手の中」「爆弾が落っこちる時」「少年の詩」・・・懐かしいぞぉ

あ、シングルだと思うけど「ハンマー」って曲も好きでした。

2nd、3rdまでは追っかけたんだけど、その後パッタリ聴かなくなりました。というか全く知りません(笑)

だからブルハーが解散しハイロウズが結成されたときも、ほとんどノーケアでした。
まあ、CMなんかでは耳にしていたんだけれども。

でも、そんなハイロウズのLIVEを見る機会がたまたまあって、、、
2回ほどみてるんだけど、やっぱカッコ良かった。
ヒロトのキチガイ的な動きとマーシーの相変わらずのギターに痺れました。
なにより楽曲の気持ちイーこと。
正直ブルハーとほとんどメロは変わらんのだが(笑)
c0064706_2195279.jpg

でも、ハイロウズもついに活動休止・・・残念・・・ってことで、ベスト盤が発売されました。
オリジナルは2枚位しか聴いてないんであまり詳しくないんだけど、さすがはベスト盤!もうおいしいところが盛り沢山。
悩んだり落ち込んだりしてるのがばかばかしくなる位、気持ち良い楽曲でいっぱい。
あまり聴きこみ過ぎると飽きてしまうこともありますので要注意です(笑)

マーシーのギターはワンパターンのロックンロールペンタ君だけど、やっぱサイコー。強引なスライドもこれまた最高!
ブルハーと違ってキーボードが思いっきり入ってるんでPOP感も倍増!!!
もう何も考えずに聴いて欲しいもんですね。
理屈とか理論とか関係なく、本当に爽快な気分になれますよ。

洋楽志向派の方には敬遠されがちでしょうが、(活動休止なんだから/笑)一度チャレンジしてみて下さい。
NGだったらそれはそれで責任もてませんけどー(笑)
[PR]
by sorapapa227 | 2006-02-26 02:22 | 音楽 | Comments(2)

なんだかんだで1周年

いつの間に・・・
なんだかんだでブログ開設1周年です。
まさか、、、こんなに継続出来ると思わなかったんでビックリ。

ひょんなきっかけ(ママの一言からなんだけど)から、なーんの訳も分からず勢いで立ち上げた当ブログ。
うーん、空のパパだから空パパでいいかな、、、
日記ってのも普通だから*戯言にしようっと。

*注・・・「たわごと」と読んで欲しかったんだけど「ざれごと」って読んでる輩も意外に多くてショック。意味は変わらなくても、イメージが随分違うんだよ、「たわごと」と「ざれごと」では(笑)

、、、なーんてまるっきりテキトーに始めてしまったのが今となっては妙に恥ずかしかったり。

最初は何を書こうかな???なんて考えたりも一瞬だけしたけれど。
やっぱ大好きな音楽でしょっ!と、明快な解答を自分自身で発見!
となると、やはり最初は敬愛するモーズ先生のことかなあ・・・

なんて感じで本当に何も考えず始めたこのブログですが、おかげさまで楽しい仲間と出会えたり、新しい音楽を知るきっかけになったり、はたまた自分をより理解する機会に遭遇したり、、、

本当にお付き合いして頂いてるみなさんに感謝感謝です!

これからもギター小僧ならぬ、ギター中年として、マイペースでゆーったり、まーったり続けていければなーなんて思ってます。

これからも引き続き宜しくお願いします!!!!!!!
[PR]
by sorapapa227 | 2006-02-25 02:44 | 雑記 | Comments(24)

豪華布陣の「THE WALL」を聴いてみる

PINK FLOYD「THE WALL」のトリビュート盤である「BACK AGAINST THE WALL」をようやく聴きました。
c0064706_22385442.jpg

gwさんから豪華メンツな情報を聞いて以来気になっていたんですよね。
先日タワレコで2枚組なのに¥2.890だったんで買っちまいました。

やはりこの手のトリビュートのまとめ役にはピッタリのマルチミュージシャンBILLY SHERWOODのプロデュースによる作品です。

しかし参加アーティストの豪華な事!
とてもじゃないけど書ききれません・・・(笑)

聴いてみての感想は、、、
複雑なんですね、結構。
良いには良いんですよ。
でも、やっぱりオリジナルに惚れていたオイラにはどこかもの足りないというか・・・
悪くないんだけど、演奏がタイト過ぎて、巧すぎて、フロイド独特の張り詰めたような緊張感が全くないんだよね。
かといって、はっちゃけて大胆にアレンジを変えてチャレンジしてるわけでもない。
全体的にオリジナルをリスペクトしつつ忠実なアレンジで臨んでいるという雰囲気ですね。

特に大大大好きだった「COMFORTABLY NUMB」の出来がイマイチなのがちょっとショックかも。あのビリビリくる緊張感溢れるデイヴ・ギルモアのギターソロが、なんか無難なソロにまとめられててね、、、おいおいシャーウッド君、こういうのをモーズ先生に弾かせて上げてくれよ(笑)

ただ、聴き所もあるんですよ(フォローって訳じゃないけど)
残念ながらオイラの敬愛するモーズ先生はM3のさらっとしたクリーントーンによるインプロソロのみの登場ですが、ベテランと呼ばれるジジイギタリストが気合入ってて微笑ましいんです。

ロニー・モントローズ、ロビー・クリーガー、エリオット・イーストンはそれぞれかなり気合のソロをかましてますし。クリス・スクワイアの相変わらずのエグイサウンドのベースは存在感があるし。ハウのアコギは本当に印象的だし。珍しいところでエイドリアン・ブリューがM6で泣きのソロを演っててコレが結構良いんですね。ルークはまあまあかな(笑)

あ、スノーウィー・ホワイト参加させて欲しかったなあ・・・

大好きな切なヴォイスの師、ジョン・ウェットンの歌声が聴けるのも嬉しいです。

因みにドラマーはかなり豪華ですよ。ヴィニー・カリウタ、アラン・ホワイト、グレッグ・ビソネットにエインズレー・ダンバー(今何してるんだろ?)ですから。

ってことで、あんまり誉めてはないけど、、、関心ある方は軽い気持ちでチャレンジしてみてください(笑)
くれぐれもオリジナルの「THE WALL」より先行試聴しないで下さいね~(笑)
[PR]
by sorapapa227 | 2006-02-19 22:40 | 音楽 | Comments(2)

メロディックギターインストの窮みへ Neil Zaza

ギターインストをかなり愛聴してきてるんですが、時に凡庸な作品に出会う事もしばしば。
そんな作品が続くと、インストを一時的に離れたりしちゃいます。

が、どうしようもなく素晴らしいギターインストにふとした瞬間に出会うとまたまたものすんごくハマっちまいます。そんな繰り返しばっかですね。

で、ちょっとインストに飽きてきた頃、なんとなく雰囲気と勢いで購入したギタリストのインスト作品に久しぶりに衝撃を受けたコトがありました。

彼の名はNeil Zaza!
名前は前から知ってたんだけど、ジャケのダサさにB級ギターインストの匂いを感じてて(笑)ちょっと遠慮(というか敬遠)してました。
でも何故だかふと聴いてみたくなって、彼の作品の中ではジャケも比較的マシな4th「staring at the sun」を仕入れましたとです。
c0064706_2174320.jpg

いやあ、反省しましたよ。
ジャケじゃないのね、実力は(笑)とにかく素晴らしいギターインストアルバムに仕上がっておりビックリ。

スケールの大きいメロディックなギターが本当に気持ち良いんですね。勿論テクニックもセンスも非凡なんだけど、何よりうねる様な歌うメロディーがとにかく最高。泣けるんですよね~!
ジョーサトをよりストレートにして甘く切なくした雰囲気というか、ちょっとアンディ・ティモンズっぽいかも・・・かなり熱いメロが得意ですね、この人は。日本人で言うと春畑道哉、松本孝弘なんかのビーイング系に近いかも。

ブルージーなフレーズも泥臭くならず、カラッと乾いた感じがやはりアメリカン!ただ振り幅の大きく、メロディックな窮みを感じさせるフレーズの妙は、やや切なさを感じさせつつも湿り気を帯びず、ちょっと不思議。というか、やっぱアメリカンだなっ(笑)

時折入ってくるスウィープ奏法による超絶高速スケールフレーズや流れるようなTAP技、オルタネイトフルピッキングによる気合の速弾きなどテクニカルインスト好きにもオッっと思わせるところはサスガ。またね、頻繁に登場するピッキングハーモニクスが絶妙。かなりあざといんだけど気持ち良いんですねー。ワウの使い方もね、巧いっす。

アコギをさらっと挟んだり、楽曲も静から動までヴァラエティーに富んでて飽きさせませんね。しかしやっぱりミディアムな泣きのメロディック系の楽曲の出来が秀逸だなあ。

イチ押しはギターが歌いに歌いまくり、泣きに泣きまくるM2「lift」、M8「every thought of you」、M12「definition」でしょうか。ベタな大泣きバラードM11「angel」もいいですけどね、、、
あ、そうそうMichael Lee Firkinsがらしいギターを聴かせてくれるM9~M10の流れもギターファンはニヤリでしょう。しかしベートーベンの第9がモチーフなんだろうけどまんますぎて笑っちまいますが・・・。そうだ、「purple rain」もラストでベッタリカヴァーしてるんで(笑)

しかし、本当に素晴らしいギター作品だこと。
また参加メンツが豪華。
リズム隊はチームJOURNEYのSteve Smith(d)とRoss Valory(b)コンビ、キーボードはTimothy M.Bradford(知らん)というメンバー。名手Stuart Hammも2曲客演してます。

テクニックに走り過ぎたり、ブルースに傾倒し過ぎたり、フリーキーになってみたり、ジャジーになってみたり、アコギに走ったり、、、ギタリストの表現方法は常に試行錯誤の繰り返しだとは思いますが、ここまでまっすぐにメロディックに拘ったギターを追及してる人も珍しいのではないでしょうか?

正統派大歓迎!ベタでもいいからこのままストレートにスケール大きく歌うメロディックギターインストを追い求めていって欲しいものです。

ガンバレNeil Zaza!
あ、ソロとは別にバンドも頑張って成功させてみて下さいな!
期待してますゼ。
[PR]
by sorapapa227 | 2006-02-19 21:07 | 音楽 | Comments(4)

日産のCM

息子の空は相変わらず車が大好き。
特に最近は日産とHONDAがお気に入りのようで、ほぼ一般車は全車判別が付くという、恐ろしい状態になってきてます(笑)

基本は本や新聞広告、チラシで覚えてるみたいだけど、テレビCMも重要な要素みたいです。始まって1秒もたたないうちに「パパー、ティーダだよー」とか訊いてもいないのに教えてくれます(笑)

で、ふと気になったのが、日産CMではなぜかJOURNEYの楽曲を使用する事が多いんではないかと・・・

以前は「OPEN ARMS」も確か使ってたし、最近まではエルグランドでは「DON'T STOP BELIEVIN'」でしたね。
c0064706_0413810.jpg

両曲共に、ジョナサン・ケイン参加がケミストリーを引き起こしたと言われてる名作「ESCAPE」収録の彼らの超代表曲ですね。
c0064706_03850100.jpg

しかし名曲はいつなんどき聴いても伝わりますね。

というか日産の宣伝担当者あるいは、CM制作スタッフにJOURNEYファンがいるのだろうか???

そんなわけで、空も「DON'T~」がお気に入り!

「パパー、エルグランドのしーでぃーかけてー」
「このおうたなんてゆうのー」
「じゃーにい?」
「うたってー」
「そらもうたうー」
「ら~り~、ら~り~」 *サビのところらしい(笑)

こんなやりとりが何回も繰り返されてます。

やっぱり明るい曲は子供受けも良いようですね。
ジャジーなBGMとかはあまり反応しないですし。
あ、でも車名は曲に関わらず全部CM開始即当てですけど(笑)
[PR]
by sorapapa227 | 2006-02-17 00:40 | 雑記 | Comments(3)

いつでもどこでも爽快に!

オイラの大好きなオランダ産産業系メロディアスハードロックバンドであるテラ・ノヴァが、なんとベスト盤をリリースしちゃいましたんですっ!

いやいや、むかーし昔はベスト盤とかコンピ盤とかは不純異性交遊だから認めんっ(笑)と思っていたオイラですが、やはりベスト盤の楽しみ方は無限大、∞ですな!
c0064706_3152694.jpg

正直に言います。
このTERRA NOVA(テラ・ノヴァ)のベスト盤「BEST OF +5」はかなりの好盤です。
ただし、往年のテラ・ノヴァファンの皆様には、敢えてお伝えしておきますです。
未発表曲には余り期待しないで下さいね(笑)
M1以外は、ホンネ、たいしたことありません(苦笑)
悪くはないですけど・・・
良くもない、というか、彼らならもっとクオリティーの高い楽曲が出来るはず!

でもね、この作品、やはり否めないです。
いや、かなり良いんです。
特にメロハー好きで、彼らをたまたま未知あるいは未聴の方には打ってつけでしょう。

M2~M4の流れでKO間違い無しです!
気持ち良過ぎ!
コレ聴いて心になんもこない方、感じない方は、、、産業ROCK系、メロハー系は引退された方が得策でしょう(笑)

突然ですが、
ゴメンナサイ!

オイラ、彼らのベストは2nd「BREAK AWAY」だと信じて疑わなかったんですが。
恥ずかしながら、3rdは未聴でした。
しかし、M4「LOVE SICK」にヤラれました。
最高っす、この曲。
メロに痺れてるのは当然、中間部のドラムにスポットを当てた展開が乙。ASIAの1stを思い出させますね(涙)しかも、その後のギターソロと来たら・・・
キテますねー。
深く荒めのピッキングが逆にかなりのインパクトです。ちょっぴり走り気味のスケールフレーズがまた気持ち良いんですね、ハイ。だからこそ、スピード感も倍増するんでしょうね、きっと。
そうそう、M10もまた美メロの宝庫でして、、、
2曲とも3rd収録の曲じゃあないですか。

ということは、、、ひょっとして、、、3rdが彼ら史上最大の名盤なのかもしれません!
未チェック御免という情けない気分でいっぱいです。

でもね、2ndはやはり最高だし、しかも1stもかなり○。3rdも極上と来たら・・・

もう取り合えずこのベスト盤聴いてしまいましょう!

多分みなさん大好きになるだろうから、、、

そんな時は2ndを再度試して下さいまし。

きっと納得してしまいますでしょうから(笑)
[PR]
by sorapapa227 | 2006-02-16 03:12 | 音楽 | Comments(2)

最近の事情・・・

悔しい事に・・・
最近更新が停滞気味です。
何故にと問われるならば、、、

実は会社の異動があり、仕事量が倍増。
人や担当も入れ替わったので、引継ぎや引き継がれでバタバタバタバタしてるとです。

音楽もじっくり聴けてません(悲)

でも、一昨日、思い切って二時間かけてCDの整理を決行。
3年間全く聴かなかったものは、勢いで処分(売ったり、あげたりしましょうかねえ)しましょうという決意の元、、、150枚ほどセレクトし、スリム化を図りました。

しかし、紹介したい作品がいーーーっぱい出てきました。

更新はゆるめになりそうですが、じーっくり、ゆーったりアップしていこうと思いますです。
[PR]
by sorapapa227 | 2006-02-15 01:19 | 雑記 | Comments(8)

流石の貫禄! TOTOの新譜が良いんデス!

TOTOの久々のニューアルバム「FALLING IN BETWEEN」がね、かなり良いです。
ボビー・キンボールが復帰した前作「MINDFIELDS」のプログレ的大作志向も結構好きでしたが、、、今回は比較してもかなりオススメですね。
c0064706_1233571.jpg

メンバーはいつも通りと思いきや新メンバーGREG PHILLINGANES(k・vo)が加入しています。なかなかの実力派で、素晴らしいヴォーカルも披露してます。

ここまで良いって騒いでるのは何でかって言うと、、、
まず楽曲が素晴らしい!ややハードで、プログレ的展開美、構築美がツボ。メロの良さ、大人なアレンジも相変わらずイケてるし。
そして、ヴォーカルが良過ぎるっ!ボビー・キンボール、スティーヴ・ルカサー、デヴィッド・ペイチに加え、上記のグレッグも素晴らしい。彼らが楽曲毎にもうこの上ない位実力を発揮してます。コーラスもふんだんに取り入れられ気持ちヨイんですよ。シカゴファンには嬉しいジェイソン・シェフも参加してますね。

お気に入りは申し訳ないが全曲です(笑)
でも、強いてセレクトするならば、、、

ジョセフ・ウィリアムスとルークのヴォーカル絡みが美し過ぎるM3「BOTTOM OF YOUR SOUL」!アフリカンなイントロ、前半からメロディアスなサビに移行する瞬間は涙でしょう。やっぱジョセフはイイっ!繊細且つ美的な歌声には思わずうっとり。AORファンはマストな名曲ですな。

また、タイトル曲M1もかなりイケてます。東洋、中近東的な音階の不思議さにプログレッシブロックの要素が絶妙に混じり合い、素晴らしい仕上がりです。後半部の展開はもうキマくり。中期YESなど好きな方はニヤリかも。

とどめはM7「TAINT YOUR WORLD」でしょう。TOTOらしからぬ軽快かつリズミックなリフにビックリ。それもそのはず、この曲、ルークがエディ、アレックスのヴァン・ヘイレン兄弟をリスペクトして作り上げたものらしいんです。ハネルようなリフに酔いますよ。でも、こういうハードな楽曲もTOTOには似合うのよね。昔はハードポップな「GOODBYE ELENORE」とかも演ってた位だしさ(笑)エンディングのコンパクトなギターソロは流石ルーク的な名ソロですよ。やっぱ本物だなあ。カッコ良過ぎっす。痺れるねっ!

いやいや、TOTOを離れて久しい方もこの作品は聴きだと思いますよ、ハイ。
恐らく7枚目以来の衝撃ではないでしょうか。
ジェフを失い、ある意味フロントヴォーカリストを敢えて封印して、試行錯誤してきた(とオイラが勝手に思っている)「KINGDOM~」「TAMBU」あたりで愛想を尽かしてしまった往年のTOTOファン(意外に多いと思うんだよなあ/笑)の皆様に、オススメしたい作品ですね。嬉しい事に、彼らはまだまだまだまだ終わってないです!!!

まあ何はともあれ、コイツを聴いてくださいまし。オイラが吼えてる理由もきっと理解してもらえる事でしょう(笑)騙されたと思って!間違いなく騙されませんから(笑)
[PR]
by sorapapa227 | 2006-02-05 01:23 | 音楽 | Comments(10)


大好きな音楽やギタリスト、食、サッカーなど、程よくテキトーな日常日記


by sorapapa227

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カテゴリ

全体
音楽

蹴球

雑記
ラーメン記

麺即撮

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

最新のコメント

bleumoonさん ..
by sorapapa227 at 18:42
全くその通りですね R..
by bleumoon at 15:45
桃猫さん こちらこそお..
by sorapapa227 at 10:42
どうも、しばらくぶりでご..
by 桃猫 at 09:53
240_8さん こちら..
by sorapapa227 at 12:21

最新のトラックバック

倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..
野武士、西へ
from 天竺堂の本棚
春畑道哉 「Smile ..
from 音楽の杜
Vandenberg 「..
from 音楽の杜

お気に入りブログ

k_17g's warp 3
空の成長日記
ROCK ANTHOLO...
I Can Hear M...
音楽の杜
シェリリのギター練習日記
TEYUKUNのつぶやき
上村愛子オフィシャルブログ

外部リンク

ライフログ























































































ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
食べ歩き

画像一覧