<   2007年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

神?仙人?孤高のギター伝道師 JINMO

謎の超技巧派ギタリストにして、文筆家としての類稀なる才能を併せ持ち、さらには現代アートと音楽の芸術的融合までも描きつつ、様々な活動で刺激を与え続けているアーティスト。

彼の名はJINMO(ジンモ)!
c0064706_14292381.jpg

オイラのJINMOとの出会いは高校の時。ギタマガにおけるライナー、解説、採譜などでの文章が印象的だったんです。特にウリ・ロート、ヴァイへの思い入れ溢れる発言は記憶に残っています。またね、ルックスがインパクトで(笑)誰だろうなこの人なんて思っていた頃、丁度ニューアルバムが発売されました。
c0064706_14294051.jpg

「ARS NOVA JINMONIA Vol.1」がそれです。
正直大胆いや大袈裟ななタイトルだなと(笑)またJINMOが和服を纏い、怪しげな表情をした写真が新興宗教チックで胡散臭くて、、、でもね結局仕入れちまいました(笑)

聴いてみたら激ヤバでした!!!演奏はJINMOがギター、ベース、プログラミングと全て行っています。今聴くと若干打ち込みのサウンドに時代を感じてしまいますが、圧倒的なエネルギー、破壊力は時代を経ても全く持って色褪せません。

ギターに関してはピッキング、フィンガリング、タッピング、スウィープ、アーミングとどれをとっても超絶過ぎてお口アングリ状態です。42フレットという脅威のギター、MEWを駆使しての楽曲なんかねえ、、、

M1「シリコン・チャイル」
オーケストレーションが美し過ぎるギター・コンチェルト!JINMOはオラトリオ(聖譚曲)という表現を使っていますが。美しいメロディーの中を、時折猛烈な速弾きによるフレーズが飛び交い、かなりカッコ良すぎっす。

M2「変革する脳内麻薬物質」
複雑すぎるリズム、変拍子が、何故か徐々に一体化されていくと言う奇抜な楽曲。暴力的なベース、ギターソロがまた危険です(笑)

M3「飛鳥」
和音階、チョーキングを多用した日本的メロディーが印象的。JINMO流の泣きなギターが身に染みます。

M4「雅」
京都の嵐山の桜をイメージしたというこの曲。オーバーダブなし、TAPを中心に演奏されるのだが、とにかく儚く美しい。

M5「紫の煙」
JINMOも敬愛するジミヘンのカヴァー。打ち込みのサウンド感もあるが意外にPOPに聴こえます。後半部はギターのバトル的掛け合いになっており、聴き応え充分。

M6「いざないのうた」
パーカッシブなアコギが印象的な1曲。しかし、このリズムでユニゾンするのって、いくら打ち込みとは言え至難の業でしょう。

M7「美幽」
JINMOのギターが思う存分楽しめる曲。やりたい放題の強烈ギターが全編に渡って鳴り捲ります。でもねやはりカッコええっす。無機質なようで美しさを感じるフレーズの連続、ノイジーなんだけど耳障りでないサウンド、信じられません。

M8「神の娘に」
変則チューニングによるアコギ曲。どこか雰囲気的に宗教的な臭いも感じさせますが、、、やはり古の和の香りも。。。ヴォーカルはまじに怪しげっす(笑)

M9「幻覚の太陽」
TAPのみによる小曲。この音程差といい、メロディー、サウンドといい、シンセによる即興曲のような感じ。しかし技術的にはかなりハイクラスでもう脱帽。。。

M10「お宅の日常」
突如現れるPOPソング。当時の社会を反映したかなりシニカルな歌詞が頭に残ります。でもバッキングにも超絶ギターの嵐(笑)ギターソロはワウかまして歌い上げてて珍しくメロディック。

M11「厩戸王子への返歌」
聖徳太子をインスピレーションの題材にし、スポンテイニアスなインプロヴァイズで作り上げたような楽曲。とにかく奔放に弾きまくるギターがヤバいっす。

M12「パガニーニ:奇想曲第5番」
サウンドチェックの時のテイクだということもあり、やや粗めながらも、ものすごいエネルギーを感じさせられる仕上がり。勢いがスゴイ。しかしやっぱこの人巧過ぎます。

M13「宝殿独吼曲」
一定のリズム、変化のないコードの中を超絶のギターで色付けしていくという危ない曲。JINMOのギターテクが存分に発揮されています。しかし、ずっとずっと弾きまくっているのに、とにかく引き出しが多いのよね。

M14「溺愛」
この曲のみバンドレコーディングによる昔の作品。JINMOも当時の自分の演奏を幼稚だと表現していますが、なんのなんの原点が感じられて好感触です。また今よりフレーズがストレートで聴き易いし(笑)

この人は基本的に文章では説明しきれない摩訶不思議なギタリスト。もう作品を聴いてもらうしかないでしょう。上記アルバムは彼の作品の中では比較的オーソドックスなものだと言えますのでまずはこちらからぜひに。この後さらに加速していき、よりインプロヴァイズ主体の現代音楽(アート)の方に向かっていきます。最早一ギタリストの観点では語れない、芸術家的な意味合いが強くなって来ている印象です。

そんなイッちまった彼にも触れたいという方は、まず第一歩として、無伴奏ギター独奏によるニューヨーク・ニッティングファクトリーでのLIVE作品「紐育にて LIVE AT THE KNITTING FACTORY」にもチャレンジしてみて下さい。
c0064706_14295815.jpg

残念ながらオイラはいまだにこの作品を消化しきれていません(笑)

そんなわけで、孤高の現代芸術家JINMOのギターに一度触れてみて下さい。自分の理解を遥かに越えていても経験は経験ですから(笑)
[PR]
by sorapapa227 | 2007-01-28 14:27 | 音楽 | Comments(4)

まさみさんが大人の階段を上る!?

久々のまさみさんネタです。

今夏公開予定の映画「そのときは彼によろしく」の制作報告会見があったらしいです。

まさみさんは実年齢より年上のモデル役だそうですけど、果たして大人の女性を演じられるのか、、、どうでしょう?所謂大人の女のフェロモンはあまり感じられない方ですからね(笑)でもファン心理としては期待してます(笑)
c0064706_12303060.jpg

しかし、こういう3ショットだと山田孝之の背の低さが目立ちすぎて切ないっす。。。

邦画景気だと言われつつある昨今の映画業界ですが、夏の勝負の行方はいかがなものでしょうかねえ。

まさみさんにはまだまだ頑張って頂かないと。一過性の人気になりませぬように。。。
[PR]
by sorapapa227 | 2007-01-28 12:30 | 雑記 | Comments(0)

加納秀人~ただの外道じゃありませんぞ!

今回は加納秀人ですね。
勿論、外道として国内外含め名の知られたあのお方です。

高校時代に超名盤「外道」を聴いたのが出会いっす。
c0064706_0132795.gif

いきなり「げーろげろげろげーろげろー」で有名な「香り」でKOされました。かなりパンキッシュなロックというイメージをもたれがちなこの作品ですが、「いつもの所で」なんていう泣きな名曲も入っており、振り幅はとても広いのです。

その後、友達に誘われて、LIVEを高円寺JIROKICHI、原宿クロコダイルなんかに見に行くようになりました。当時は加納秀人バンドとして活動しており、ナルチョこと鳴瀬善博(B)、そうる透(D)という恐るべきトリオでした。高校生なんで、びびりながらも楽屋に押しかけサインまでもらっちゃってます。。。

加納秀人は圧倒的にLIVEの方が素晴らしいです。時にラウドに時にメロウに奏でられるギターサウンドが気持ち良くて。超速弾きから激泣きまで変幻自在なのです。全然ブルース臭さは無く、かなりロック魂溢れるフレーズ連発です。

なのでスタジオ作品は少し物足りなさを覚えてしまうのも事実。だがリアルタイムで聴きまくったGedo名義での復活アルバム「ONE,TWO」を紹介したいです。
c0064706_0144568.gif

メンツは加納秀人(VO・G)、そうる透(D)、関谷聡(K)というベースレストリオ!当時はジェフ・ベック(with テリー・ボジオ、トニー・ハイマス)を見習ったのかななんて思ってましたが、、、しかも角松敏生プロデュース!外道時代の名曲「龍神~空に舞う」「イエローモンキー」なんかのリメイクもありますが、全体的に大人なロックが展開されてます。キーボードの使い方もあるんですが、サウンドも少し柔らかめですんで。でもね、そんな中でも弾きまくってまして(笑)やっぱ好きなんです。M4なんか泣きまくりですから。またアコギインストのM9も素晴らしいっすよ。アル・ディ・メオラもびっくりのスピード、、、
c0064706_015187.gif

同じメンツで加納秀人with外道として放たれた「DIE FOR YOU」もよく聴きました。こちらは前作の反省かサウンドが(特にギターね)よりソリッドになり男気を感じさせます。インストの比重も高いです。M3「海賊」M15「DIE FOR YOU」の涙必至の切なメロ、M4「SPANISH DREAM」での怒涛の速弾き攻撃なんかもうたまりません。楽曲的にもバラエティに富んでおり飽きさせません。ROCK度はコチラの方が上かもしれません。

でもねやっぱり加納秀人はLIVEが一番なので、
c0064706_0152338.gif

絶好調の外道時代のLIVEの名盤、その名もまんまな「外道LIVE」でのハードでパンキッシュで時にいなたい和製ロックトリオの気合の演奏をまずは味わって頂いて、、、
c0064706_015361.gif

さらに、懐の広いソロ時代のLIVE「加納秀人LIVE1979」もばっちりチェックして欲しいです。
こちらはベース、ドラム、キーボード×2、パーカッション、ブルースハープ、SAX、コーラス×3(一人は金子マリ!)という大所帯で繰り広げられる大人なLIVE!ロックが根本にありながらも、ブルース、ソウル、ファンク、フュージョン、ジャズまであらゆる要素がブチこまれたサウンドが気持ち良いんです。またギターがね、これまた良い音なんですわ。ナチュラルで太く艶のある感じでさ。外道時代の楽曲もアレンジが大胆に変わりゴージャスに生まれ変わっています。

加納秀人、、、残念ながら意外に評価低い気がします。外道としての活動は最早伝説と化しているんですが、ソロ時代の楽曲の振り幅の広さ、メロディメイカーとしての才能、そして何よりギタリストとしての卓越した技術とハート、、、もっともっと正当に評価されて欲しいものです。

皆様まずは、なにはともあれ聴いてみて下さいませ。ジェフ・ベックとの共演でも引けをとらなかったという彼の実力の片鱗をきっと感じてもらえるはずですからっ!
[PR]
by sorapapa227 | 2007-01-22 00:13 | 音楽 | Comments(2)

SCANCH'N ROLL SHOW 聴きまくるべし

拝啓 ROLLYさま、いやローリー寺西さま、いやいや寺西一雄さま
本当にありがとう!こんなに素晴らしい音楽を届けてくれて、、、
c0064706_17273366.jpg

というわけで、祝すかんちの幻の超名盤「スカンチン・ロール・ショウ」CD化!
レビューを書かないわけにはいきませぬ(笑)
c0064706_17275662.gif

すかんちについては前記事(2回書きました)を見て頂くとして、今回は予定通り(笑)この幻の作品に焦点を当てたいなと。

M1「NEW AGE」
ライナーにもある通り、VAN HALENの「JUMP」が完全にモチーフになってます。キーボードのイントロなんかまんまです。プリプリの雰囲気もあるかな。ローリーにしては珍しくライトハンド、ミュート奏法(パーカッシブなやつね)、アーミングなんかしてて、敢えてエディっぽいフレーズを連発してます。捻りゼロでメジャースケールを駆け上がるところなんて、らしくないだけに微笑ましいっす。しかし、ここまで爽快なサウンドはすかんちの中では異色です。でも気持ち良いね!

M2「君は窓辺のパントマイム」
1st「恋のウルトラ大作戦」収録の名曲の原曲ですね。キーボードの割合が少ない分、ギター中心のアレンジになっています。ややハードなイメージ。しかしこのポップなHRがたまりません。ディミニッシュを巧みにはさんでいくセンス、やはりローリーは非凡な方です。ギターソロは起承転ときますが、大サビがないため、1stに慣れているオイラは少々寂しさを感じてしまいます。でもやっぱ名曲だなあ。

M3「AC/DC」
すかんち流ハードロックンロールですね。あまりAC/DCっぽさは感じないですけど(笑)ソロは、やり過ぎな位のギターオーケストレーションが大迫力、ラストはヴァンデンバーグ「FRIDAY NIGHT」のフレーズで締め。

M4「JAZZ」
まんまQUEENです。「うつろな日曜日」と「ドリーマーズボール」が元ネタかな。曲全体に名盤「オペラ座の夜」におけるブライアン・メイのおいしいフレーズが盛り沢山です。聴いてるだけで嬉しくなってくる名パクリ曲。

M5「バニラシティ」
ヒーローというバンドのカヴァーで、なんと佐藤ミツル(ex.四人囃子)、ホッピー神山、長沢ヒロ(ex.安全バンド)が在籍していたらしいです。原曲が聴きたくなりました。ストレートな歌謡ロックンロールです。コーラスの雰囲気がレトロでいいっす。ソロはローリーの手癖ともいえるペンタトニックのハードロックフレーズがイカしてます。締めの分厚いハモリも最高。

M6「13階の女」
安全バンドのカヴァーで一度聴いたら絶対忘れられない歌詞がとにかくインパクト。
「彼女にはもうこうするしかないのだ 13階の屋上から身を投げること」って、、、これも原曲聴かねばなあ。
短めの泣きのギターソロに続くストリングス系の音色で奏でられるキーボードソロが染み入ります。

M7「フォルクローレ」
1st収録の「HONEY」の原型です。長めのアレンジでしっかりギターソロも入ってます。鍵盤はマッキーだとのこと。

M8「ウルトラロケットマン」
すかんちお得意のハードグラムロケンロールです。1stのヴァージョンよりもこってりしたギターソロがしつこくて好き(笑)後半部のスライドによるオブリも印象的。しかし、この曲も完成度が高いなあ。

M9「スローソンの小屋(スローソンズワックスミュージアム)」
これまた1st収録の原曲。オープンチューニングによるアコギがいなたくて素敵。コーラスワークもね気持ち良いですな。

M10「Mr.ロックンローラー」
今度はまんまSWEETです(笑)ハードでグラムで明快なロックンロール。コーラスの重ね方もQUEENではなくSWEETなんですね。オーケストレーションも完全にアンディ・スコット風です。ブライアン・メイが甘く太いのに対し、アンディのは鋭く厚いんですよね。比べてみるのも楽しいですよ(笑)

M11「好き好きラモーンズ(ハワイ編)」
ローリー曰くラモーンズってよりもSWEETだそうです。確かに初期のバブルガムポップな頃の臭いがちらり(笑)さらっと終わってしまいますが、、、

M12「すかんちのテーマ」
おニャンコの「会員番号のうた」式にすかんちのメンバー紹介をハワイアンアレンジ(っつーかウクレレ使ってるだけなんだけど)でお届け。

M13「恋のT.K.O.」
これまたデビュー盤収録の名曲の原曲。わかりやすい位ストレートなポップンHR!こちらもキーボードに頼らず、ギターオリエンテッドなアレンジが(やり過ぎでくどいかもしれないけど)耳に残ります。構築美なギターソロはさらにロングヴァージョンになってて、オイラ的にはもうニコニコです。後半部で急に青春歌謡曲になっちゃうところが笑える。しかし本当に楽曲のクオリティが高いのよね。1曲にあまりに多くの要素(ネタ)を詰め込みすぎて、ローリーは聴いてると疲れるらしいけど(笑)、それがいーんですよ!必聴でしょう!

全13曲、インディーズならではの潔さが爽快。サウンド、演奏技術面での拙さよりも、勢いの方が勝っており、負を飲み込んでしまってます。すかんちの魅力でもあるポップでハードでマニアックな歌謡ロックがぎっしり詰まっており、彼らの原点でもありながらすでに抜群の完成度をほこっています。個人的には1st、2ndが彼らの名盤だと思っているので、そちらをチェックしてもらいつつ、コイツにも触れて欲しいですね。

いや、四の五の言わず、まずはこれを聴いてもらいましょう。そういうことに今決めました(笑)
一応プレス数に限りのある限定盤らしいので、店頭にあるうちにお早めに~
[PR]
by sorapapa227 | 2007-01-21 17:28 | 音楽 | Comments(8)

超マスト!すかんち幻の名盤がついに初CD化!!!

(マニア垂涎、)超レア、激コア、幻の名盤遂に復活!!
デビュー前、1988年のビーンボール。
全曲デジタル・リマスタリングで甦る傑作!
青い!若い!麗しい!!

この帯キャッチを見ずともすでに興奮状態MAXです!!
なんと、すかんちのインディーズ時代の幻の音源「スカンチン・ロール・ショウ」が奇跡のCD化!信じられません、、、もう泣くしかありません!
c0064706_175238.jpg

オイラの高校時代の大好き日本3大バンド(リアルタイムって意味で)は、なんてったって、

・すかんち
・筋肉少女帯
・爆風スランプ

ですからっ!盛り上がるなってのが無理ってもんでしょう(笑)

すかんち初心者のアナタにはローリー寺西からのお願い文をどうぞ!

*「すかんちなんて知らない!」って人へ
悪い事は言いません。どうかこのレコードを買ってすかんちの音楽を知って下さい!

*「すかんちなんてコミックバンド嫌いっ!」などと言うルックス&メタル命のお嬢様へ
今からでも遅くありません。さぁ、このレコードを聴いて・・・・・死んで下さい。

*そして、「何年もこのレコードを待っていた、涙の出そうなすかんちファンの君」へ!!!!
おめでとう待ったかいがあったよ。凄い感激・・・・・・・君はいい人だ!!

*最後に、すかんちに乾杯!!

ローリー寺西(現ROLLY)

明らかにオイラは3番目ですな(笑)

この作品における“すかんち”のメンバーは、、、

寺西一雄(ボーカル、ギター、ウクレレ、コーラス)
小畑隆彦(ドラムス)
武内志磨(ベースギター、コーラス)

の3人をベースに、ゲストプレイヤーがドラム、キーボード、コーラスに多数参加しているようです。ローリーの従兄弟であるマッキーこと槇原敬之もかなり手伝ってくれているみたいです。ジャケ裏のメンバーの写真、若い若い、っつーかSHIMA-CHANGがかなりかわいいっす(笑)

サウンド的には、まだ荒削りだけど、和製歌謡グラムハードロックとも言えるオリジナリティーはこの頃から光っています。90年代のハルヲフォンって言い方がわかりやすいでしょうかね?ローリーのロック、歌謡曲の音楽ネタ(超メジャーからB級まで)の知識が総動員されており、ニヤリとさせられます。パクリのフレーズの組み合わせの妙が彼の真骨頂でしょう。奥田民生、フリッパーズギターなんかに近い確信犯的な絶妙センスを痺れる位に感じさせられます。感服!

すっかり長くなってしまったんで、楽曲解説は次回に(笑)
誰も欲していないかもしれないけど、そんなことかまっていられませんからっ(笑)
[PR]
by sorapapa227 | 2007-01-21 01:16 | 音楽 | Comments(2)

ガンバレ親父ども

横浜FCがついにJ1に殴りこみですね。

親父どもが元気に頑張ってますね。
自分よりも年上のプレイヤーが、いまだに現役でプロサッカーを続けていると言う事実に、非常に励まされますよ、ホント。

しかし、キングカズ
c0064706_23454919.jpg

いぶし銀の山口
c0064706_234646.jpg

猛獣ならぬ老獣の小村
c0064706_23461773.jpg

城は引退してしまったものの、なかなか親父達の今後のプレイは見ものですな。

しかも、頼もしいことに、さらにマリノスからの移籍で、これまた素晴らしいベテランコンビが合流、ますます見ものですよっ!

ドラゴン久保に、忘れかけられたゲームメーカー奥、、、

川崎フロンターレのような台風の目にはもう一歩だろうが、要注目なチームですね。元アジアの大砲、高木監督の若手らしい手腕に期待してます。健太(長谷川監督)も頑張ってることだしね。
[PR]
by sorapapa227 | 2007-01-20 23:46 | 蹴球 | Comments(2)

ヤバッ、、、メガマック見参

ついに日本のマクドナルドに黒船がやってきちまいましたね。

その船の名はメガマック!

c0064706_1275044.jpg

期間限定発売で350円。ビッグマックに更にハンバーグを2枚プラス!
なんと754キロカロリー(!!!)だそうです。。。チャーハン1杯分らしいっす。。。

ありえません、ありえません。
これにポテトとドリンク付けたセットなんてどうなっちまうんだー、、、

でも恐いもの見たさに一度チャレンジしてみたいかも、、、いや、やめとこ(笑)
[PR]
by sorapapa227 | 2007-01-20 12:07 | | Comments(2)

今更BECK

のだめ効果なんでしょうか、、、音楽マンガを読みたいななんて気分に。

あ、まだ「BECK」読んだことないやなんて思ったりして、、、
c0064706_1471147.jpg

途中までだけど、読んだらハマりました。
いいなあバンドって。

でも、このBECKってバンドはどういうサウンドなんだろうって想像してしまいますね。

もしメンバーを既存のミュージシャンで例えるならどうなりますかねえ?
オイラはこんなイメージっす!

vo 千葉 恒美 ⇒ ザック・デ・ラ・ロッチャ
g・vo 田中 幸雄(コユキ) ⇒ ジョン・メイヤー
g 南 竜介 ⇒ ジェフ・ベック
b 平 義行 ⇒ フリー
d 桜井 裕志(サク) ⇒ スチュアート・コープランド

このメンバーでのLIVE見たら、間違いなく失神しまっせ(笑)
[PR]
by sorapapa227 | 2007-01-18 01:47 | | Comments(0)

やるねえ喜楽

偶然なんです。
たまたまなんですう。

渋谷で昼飯食べようかなっと思って。
あ、久し振りに喜楽のラーメン食いたいなって。
c0064706_137597.jpg

ラーメンって頼んで1分足らずで「お待ち」って、、、
何がどうなのこの早さ。

相変わらず玉ねぎ焦がしたのが香ばしくて、たまらないっす。
スープの優しさもね、最高。

で、お会計がなんと100円!
耳を疑いました。
普段600円位だったはずなのに。

その日は年に何回かある特別のラーメン100円セールの日だったんですね。
しかもその収益はそっくり福祉団体に寄付すると言う素晴らしさ。

床は油でぬるぬるだけど、色々やってるんだななんて思わず感心しました。

またいくべ!
[PR]
by sorapapa227 | 2007-01-18 01:45 | | Comments(4)

究極の弾きまくり王 小川銀次!

ドラマーに手数王が存在するように、ギタリストにも弾きまくり王がいるんですよ(笑)

というわけで、今回は小川銀次です!
あ、くれぐれも伊藤銀次ではありませんので。。。まあココナッツバンクとは間違えないかなあ(笑)彼は彼で好きなんですけどね。

で、小川の方の銀次さんです(笑)
学生だった当時、ギタマガでこの人を初めて知りました。とにかくギターギターしているものが作りたいという嬉しすぎる発言に飛びついたのでした。

理想の音とはという質問に

「それが見つかったらギターやめてるよ」

痺れさせてくれるじゃあないですか!ただ、ジミヘンとヤン・アッカーマン(フォーカスの人ですよ、クラシックギターも上手!)のサウンドがそれに近いとは発言してましたが。

最初に聴いたのは、新譜だったソロアルバム「Inner-WIND」!
c0064706_150162.gif

M1の突如として現れるギターオーケストレーションにKOでした。
M2「よみがえる神話」で慌てました。かっこ良過ぎの弾きまくり。メロは歌うがソロはやりたい放題っす。攻める攻める!

銀さんはメロディーは本当に優しいのに、サウンドがかなりえぐい位にソリッドである意味暴力的かも(笑)ミュート気味の音なんかヤバ過ぎて、、、でもそれがまたかっこえーのよ!
しかも、MIXがまたね、ギターがバカデカイのよ(笑)ベースなんか小さい小さい(苦笑)バランス考えるとドラム含めもうちょっと何とかして欲しいですが、、、度外視にも程がありますって(笑)

アコギもさりげなく巧いっす。また、エフェクティブなサウンドも得意。M4のカモメ風サウンドなんかエイドリアン・ブリューもびっくりでしょう。

ミニアルバムともいえる全5曲でしたが、とにかく大きく優しく歌うメロディー、野太くソリッドな男らしいギターサウンド、超絶なテクニック、やりたい放題の弾きまくり感、、、全てにおいてかなりのインパクトでした。もうついていくしかないっす。。。

次にソロ第一弾「Private Pieces 1986~1987」をチェック。
c0064706_1505876.gif

こちらはもっとハードでちょっぴりメタリックな音色でさらにガツガツしてます。楽曲はHR/HMからフュージョン、プログレ、ジャズ、クラシックまでごった煮ですな。しかし、どの曲も主張するメロディーが素晴らしい。サウンドの豪快さと反対にメロは繊細なのよ、ホント。
M1「熱風」から暴れまくり。速弾き、ライトハンドなんかやりまくりっす。しかし音がズ太いなあ、、、
怒涛の9曲にまたヤラれちまったのですな。。。

もうこうなると止まりません、勿論「Inner-WINDⅡ」も聴きまくりました。
c0064706_1512048.gif

いつも通りのギターオリエンテッドな世界観、サウンド、もうギター好きにはたまりません、っていうかおなかいっぱい(笑)アルバムとしてのまとまりはこの作品が良いかもしれません。ただ、MIXは相変わらずギター上位です(苦笑)

銀さんのギターってかなりオリジナリティーに溢れているんで(特にギターサウンドが)、一聴するだけでも、すぐにそれだって気付かされます。
c0064706_1513790.jpg

永遠のロックンロールバンド、RCサクセションの名作「ラプソディー」でもその弾きまくり王は健在。チャボこと仲井戸麗一のいなたいロックンロールギターとは対照的に、ズ太いサウンドでメタメタに弾きまくる銀さんがクールでイカしてます。こんなツインギターありえるんでしょうか?(笑)ジェフ・ベックばりにヴォーカルに喧嘩売るギターだな。しかし、このライブアルバム、日本のロック黎明期の超名盤っす。
c0064706_152066.jpg

そうそう、「サヨナラ」のヒットで知られる一発屋GAOのアルバム「Roi Roi」でもやっちゃってます(笑)いきなりガンガン攻撃的なフレーズかましてます。
いやあ、こんなポップスのアルバムにこの歪まくりのギターサウンドありなんでしょうか?(笑)よく許したなあディレクター。特に盟友ドラマーそうる透との楽曲なんて水を得た魚のようです。
きっと中古盤市場で捨て値で放置されてるんで、拾って楽しんで欲しい作品です。

あ、こんなのもありましたね。
c0064706_1521559.jpg

日本を代表するキーボーディストでもある難波弘之(センス・オブ・ワンダー)の「飛行船の上のシンセサイザー弾き」にも2曲のみ参加してます。これも、そうる透繋がりでしょうか?
プログレな楽曲の中をややフュージョンちっくなギターで主張しています。ただ、このアルバムは主役は鍵盤なんでね、珍しく大人しいですけど(笑)
他にも北島健二、佐久間正英、山下達郎!なんかも参加していて豪華仕様です。

とにもかくにも、このギター仙人、小川銀次のギターに触れてみて下さい。きっとカウンターパンチ食らった位の衝撃、インパクトを受けるでしょうから。こんなギターでいーんでしょうかって。・・・いいんです!ぜひお試しあれ!

あ、なんか忘れてるでしょうって?
伝説のバンド、CROSSWINDを!
コイツに関しては、ようやく最近再発CDを入手出来ましたので(15年近く待ってたんでかなり嬉しいです!)、後日ゆっくりじっくり語らせて頂きます。

では、銀さんワルードへぜひ!
[PR]
by sorapapa227 | 2007-01-14 01:48 | 音楽 | Comments(12)


大好きな音楽やギタリスト、食、サッカーなど、程よくテキトーな日常日記


by sorapapa227

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
音楽

蹴球

雑記
ラーメン記

麺即撮

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
more...

最新のコメント

bleumoonさん ..
by sorapapa227 at 18:42
全くその通りですね R..
by bleumoon at 15:45
桃猫さん こちらこそお..
by sorapapa227 at 10:42
どうも、しばらくぶりでご..
by 桃猫 at 09:53
240_8さん こちら..
by sorapapa227 at 12:21

最新のトラックバック

倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..
野武士、西へ
from 天竺堂の本棚
春畑道哉 「Smile ..
from 音楽の杜
Vandenberg 「..
from 音楽の杜

お気に入りブログ

k_17g's warp 3
空の成長日記
ROCK ANTHOLO...
I Can Hear M...
音楽の杜
シェリリのギター練習日記
TEYUKUNのつぶやき
上村愛子オフィシャルブログ

外部リンク

ライフログ























































































検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
食べ歩き

画像一覧