<   2008年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ルミオン×空???

3月末から我が家の新しい仲間になったルミオン。
久し振りの新車なんで優しく労わりながらかわいがってあげてるんですが(笑)
c0064706_0262294.jpg

本日CM見てビックリ!!!なんとルミオンの期間限定モデルが発売になったらしいんですが、、、その名が、、、
c0064706_0264011.jpg

息子の空と選んで購入したルミオン、、、偶然にしても出来過ぎですぞ。。。
c0064706_0283069.jpg

まさかねえ、ルミオンと空がコラボしちゃうなんて(笑)なんだか不思議な縁を感じてしまいます。
[PR]
by sorapapa227 | 2008-04-28 00:28 | 雑記 | Comments(2)

エイジア三昧 その3

エイジアの奇跡の新作『フェニックス』ですが(しつこい?笑)、世の中のエイジア・ファン(だったという過去形になる人がほとんどなんだろうけど)は、このニュー・アルバムが誕生した事実を果たしてご存知なのだろうか。。。???
c0064706_21512873.jpg

25年振りの新作ってことは赤ちゃんは成人してるし、当時の中高生はもう不惑前後でしょう。ヤング・サラリーマンだったら五十路前後ですもんねえ、、、ライフ・スタイルも激変してるかもしれないし、音楽と距離を置いた生活に切り替わってるかもしれないしねえ。。。

幸いオイラはこのブログを始め、微妙に音楽とは離れ過ぎないような距離感を保てているので、その存在を発売前から楽しみにしてこれた訳ですが、、、
c0064706_21514560.jpg

朝日新聞で見た広告や、、、
c0064706_2152066.jpg

中央線で偶然目にした車内貼りなんかで、眠れるエイジア魂を抱えた方たちには、ぜひとも『フェニックス』の存在に気付き触れて頂きたいものですな。。。ド哀愁に号泣必至でしょう、間違い無く。。。

それはそうと、このマイ・エイジア・ブームに乗っかって初期3作品をガッツリ聴き直していたんですが、i-podに落として聴いてると妙にモワッとしたハッキリしない音質が気になってしまいました。
c0064706_2215889.jpg

そんなときに『ストレンジ・デイズ』のエイジア特集なんか読んじまったもんですから、、、
c0064706_2222127.gif

コイツをGETです!ベスト盤『GOLD』!
c0064706_21522242.jpg

CD2枚組の内容は、初期の超名盤『詠時感~時へのロマン』『アルファ』『アストラ』3作を全て収録。さらに変則企画ベスト盤『ゼン・アンド・ナウ』の未発表スタジオ作品4曲に加え、シングルのカップリング系のお宝曲「ライド・イージー」「デイライト」「ライイン・トゥ・ユアセルフ」もバッチリ収め、まさにウェットン時代のエイジアのベスト・オブ・ベストに仕上がっています。

肝心の音のほうもオイラの持っている輸入盤のオリジナルCDよりも明らかに輪郭がハッキリしていて心地良いのですよ。i-podには即落とし、車のハード・ディスクにもブチ込んで、もう少しプチ・エイジア・ブームが継続されそうな勢いです(笑)

うーむ、惜しむらくは「キャリ・アン」が収録されていないことでしょうか。。。パット・スロール在籍時代のモスクワでのLIVE盤にボーナス・トラック的に収録されていたオイラの大好きな曲がこの「キャリ・アン」なのです。
c0064706_21564921.jpg

そうそう、上記の『ストレンジ・デイズ』のエイジア・ディスク・レビューを見てビックリ。。。「キャリ・アン」のギターはなんとスコット・ゴーハムなんですと。。。オイラ、過去の思い込みがまんま残っているのか今の今までパット・スロールが弾いてるもんだと勘違いしてました。ウェットン、パーマー、ダウンズ、スロールの唯一のスタジオ音源だとすっかり記憶していたもので、、、結構ショックかもです。。。どうでもいいなんてことはない話なんですがねえ、、、でもやっぱビックリっす。。。うーむ。。。

おっと話が逸れちまいましたが、エイジアの軌跡を究極のベスト盤『GOLD』で楽しみつつ、奇跡の新作『フェニックス』を味わって、1億総エイジア化ってことでいかがでしょう?(笑)

実はカップリングのお宝3曲、このベスト盤で初聴きだったのですが、「デイライト」とか結構キますねえ。現ツアーの情報チェックしてみると、来日公演のセットリストにも入る予定らしいので、今から予習(世間的には復習ですけどね)し捲りで、万全の態勢で臨みたいかなと。

オイラのエイジア三昧も暫く続きそうなんで、(強引ですが)みなさまもぜひ!
[PR]
by sorapapa227 | 2008-04-27 21:49 | 音楽 | Comments(2)

エイジア三昧 その2

ジョン・ウェットン、スティーヴ・ハウ、ジェフリー・ダウンズ、カール・パーマー・・・この4人によるエイジアの初来日公演を昨年味わった時には、こんな奇跡が起こるとは思ってもみませんでした。。。
c0064706_013185.jpg

ということで、オリジナル・ラインナップによるエイジアの奇跡のニュー・アルバム『PHOENIX(フェニックス)』がついに発売されましたね!
c0064706_014647.jpg

とにかく、i-podでこれでもかって位に聴き捲っています。しかし、2008年の新作だというのにこの懐かしさは何なんだっ(笑)中高時代に過激にトリップしそうな勢いです(笑)

どこをとってもエイジア節が満載のアルバム。暫くはエイジア一色になってしまうかもしれません。うーむ、前回の来日公演で大満足だったオイラ、今年は参戦しなくても良いかなと思っていた気持ちは180度ひっくり返りました。『フェニックス』聴き捲って再戦決定でしょうって!

少しでもエイジアに触れたことがある人であれば、思い入れの尺度の違いは抜きにしてマストです!というかロック・ファンを自認してる方は嘘でも聴いてみて欲しいですな。思いがけずシンクロしてしまうか、ウンコだと吐き捨てるのかを判断するのは、聴いてからでもよろしいでしょうに?(笑)

01. Never Again
いきなりエイジア度200%!「ヒート・オブ・ザ・モーメント」ばりのハウの細くも力強いコード・ストロークから始まるこの曲、嫌が応にもエンジンかかりまっせ。タイトルがまたね、「タイム・アゲイン」を彷彿させてねえ、ノスタルジックに浸る条件は整ってます(笑)ウェットンの思いの他パワフルなヴォーカル、エンディングの転びながらも攻め続けるハウのギターソロと、、、申し分無し、これぞエイジアっす!(微妙に褒めてないか・・・いやそんなことないっす!)

02. Nothing's Forever
アカペラのコーラスに続き、まさかのファンファーレ調のシンセ、、、一気に時代は1980年代っす(笑)いきなりマイナーへ転調のAメロ、、、哀愁です、良いっす(笑)エレガットで優しく奏でられるハウのバッキングが染みます。サビのゴージャス・コーラスは諸にエイジア節!郷愁でしょう!

03. Heroine
イントロの「嘘りの微笑み」くりそつのメロディに思わず仰け反りましたが(笑)ウェットンの儚げなヴォイスがじんわり伝わる名バラード。“ヒロイン”が“ヘロイン”に聴こえてしまう純日本人のオイラ、、、まだまだ修行が足りませぬ(笑)

04. Sleeping Giant / No Way Back / Reprise
エイジアの3分間ミュージックの法則を打破するかのような組曲形式にメンバーのプログレ魂と意気込み、気合を感じさせますな。ハウのサスティーン控えめのやや甘いトーンが切なさを倍増させます。アコギのカッティングなんかはハウならではの味付け、意外にサウンドの影の支え役であり、オリジナル・エイジアのニュアンスを醸し出す貴重な部分かも。ただ大仰なシンセに続く頭サビはやや単調過ぎるかもしれません。。。

05. Alibis
浮遊感溢れるハウのギターソロに続く超ポップなメロディ、これこそウェットン節でしょう!プログレ歴が長いけど実はかなりポップ志向が強い彼ならではですな。思わず「あーりばーい」と口ずさんでしまいますぜ。中間部のほわほわギター・ソロもコンパクトながらなかなか染みます。駆け上がりの上昇スケールなんかいかにもハウって感じで微笑ましいっすな。

06. I Will Remember You
ズッシリ来るドバラード。シンプルなアレンジがウェットンの哀愁ヴォーカルを際立たせています。うーむ、いつものパターンだとわかってはいるものの良い曲だと感じ入ってしまいます。。。サスガ歴戦の勇士は一味違います、、、

07. Shadow of a Doubt
いきなり最初からまんま「ドント・クライ」ですな。ハウのスティール・ギターによる大胆なスライド・フレーズでもうエイジアの世界観は既に完成!しかし、随所に現れるシンセの音とフレージング、、、確信犯的な80年代サウンド、、、このチープ感に過去の思い出が勝手にシンクロしちゃいます(笑)これでもかって位キラキラしたシンセの音質、しつこい位のスライド・ギターが肝かもしれません。でもね、大好きこの曲、ちょっぴり恥ずかしいけど(笑)

08. Parallel Worlds / Vortex / Deya
プログレ系組曲第二弾ですね。切な系ミディアム・バラード調で、ウェットンの声がハマってますなあ。ハウのクリーン・トーンによるアルペジオなどバッキングも万全。中間部からはハウのスティールがこれまた大活躍。カールのスクロール・ドラムで徐々に加速していき、ガット・ギターによるめちゃ哀愁の極地へご案内。更にスライド・ギターがそれを助長していきます。大人な産業プログレ・バラードかな。。。

09. Wish I'd Known All Along
ハウのペンによるややラテン調のマイナー楽曲。サビのハウのコーラスが、、、ふふふ耳に残ります。エイジアとしてはちょっぴり異色なニュアンスがありながらもしっかり溶け込ませてしまうアレンジ、メンバーの力量には感服。ただ、少し地味目かも。アコギのカッティングは印象的だけどねえ。

10. Orchard of Mines
唯一のカヴァー曲。でもしっかりとエイジア・サウンドになってる涙君バラード。ウェットンのヴォーカルはこういうマイナー・バラードにはピッタリ同調しますね。ただ、エイジア・メロディ程ベタな感じがないためやや物足りないかもなあ。。。贅沢な悩みですが。。。

11. Over and Over
ハウ作曲の緩い系だけど、これがかなり良いんですな。アコースティックなアレンジも大正解。ガット・ギターのバッキングがホントに染みます。中間部のアコギワールドはイエスの世界ですね。『危機』の「同志」辺りを彷彿とさせるサウンドが染みます。しかもスティール・スライドヤラれちゃあね、KOっす(笑)さりげないジェフの包み込むようなシンセ・アレンジも秀逸。

12. An Extraordinary Life
アルバム中超イチ押し!エイジアの歴史にも刻むべき間違い無しの名曲です!太鼓判押してしまいましょう。イントロのギターの切なさからもうワクワク感を煽ります。展開し刻まれるアルペジオに乗る力強いヴォーカル、、、何か起こりそうなBメロ、、、緊張感が高まります。そしてキマしたね、大合唱OKの激サビ!ホントたまらんっす!後半部もサビメロで畳み掛けます!こりゃあ歌うしかないでしょうって!エンディングのコンパクトにまとめられたギター・ソロがまたいいんですねえ。ハウには珍しくチョーキングかましてますよ(笑)

Bonus Track
I Will Remember You(acoustic remix)
まあ手抜きなボートラですが、、、(苦笑)曲とメロが良いのでどんなアレンジでも引き立っちゃいますね。

と、まあ怒涛の全12曲(+ボートラ1曲)ですが、オリジナル・エイジア健在を高らかに宣言する素晴らしいアルバムだと思います。勿論、好みはそれぞれあるので、オイラ的にはもう少しアッパーな曲を入れて欲しかったって部分もあるんですが、、、でもねOKっす。だって現に聴き捲ってますし(笑)

もうコレを繰り返し聴きつつ、ロックの名盤『詠時感~時へのロマン』『アルファ』を復習して、再度来日公演に挑むしかないでしょう!

爺いどもがココまでやってくれたんだからオッサン、オバハンはもっと頑張らなきゃね、なんて(笑)
[PR]
by sorapapa227 | 2008-04-27 00:01 | 音楽 | Comments(4)

エイジア三昧 その1

いやいやついにこの日が来ちゃいました。
俄に信じがたかったけど、いざホンモノを手にしてみると感慨もひとしお。。。

何のことかって???
ふふふ、詠時感の復活新作の事なのですぞ。

エイジアがまさかのいや奇跡のオリジナル・メンバー4人によるニュー・アルバムをリリースしてしまったんです!ありえねーってヤツですな。
c0064706_23422537.jpg

そしてタイトルがまたベタでスゴイっ(笑)
そのものズバリ『PHOENIX(フェニックス)』でございまする。
c0064706_2342479.jpg

A~Aの法則から逸脱してしまったのはちょっぴり残念だけど(『SILENT NATION』ですでにって話は置いといて・・・)、気合の入ったタイトルなんで良しとしましょう(笑)

なんと言ってもロジャー・ディーンのアートワークでしょう!これがなきゃエイジアは始まりません!ロドニー・マシューズじゃあイカンのです!不死鳥じゃなくて始祖鳥なんじゃんっていうクレームは受け付けませんぜ(笑)

で、その中身はというと、、、25年振りという時空を超えたとしか思えません。。。まんまエイジアの世界です!『アルファ』の後にコレが続いたとしてもなんの疑問もナッシングー(エドはるみ調で!)です!

勿論、サウンド・プロダクションも向上してるし、楽曲も若干大人になっているし、メンバーは相当ジジイになってるけど、、、でもこれぞエイジア!逆にこの時代にこれかいってビックリする位ですな。

オイラ的には想像以上に素晴らしい仕上がりだと断言しちまいます。
ハウのいない『アストラ』も大好きだったし、ウェットンがいつつもギタリストが流動的だった時代の『ゼン・アンド・ナウ』もOK、ペイン時代もエイジアとしてはどうかとは思いつつそのバンドのクオリティに疑問の余地はなっかたという思いのオイラもこの復活劇には正直驚きを隠せません。しかも金満主義に満ち満ちたせこい再結成ではなく、こんな新作を創作してくれるなんて、、、生きてて良かった(笑)

マイク・ストーンがいないのは残念だけど、アルバム自体は相当高品質なロック作品として抜群の完成度を誇っています。コアなファンに言わせれば、1st、2ndには敵わないぜって話になるんでしょうけど、、、そうではないんです!この時代にこの作品がこのレベルで創り上げられたことに意義があるのです!

と、思い入れと勢いで綴ってきちまいましたが、、、いいでしょう?好きなものは好きってコトなんです(笑)

ではでは、長~くなりそうなんで、中身については改めますね~(笑)
[PR]
by sorapapa227 | 2008-04-26 23:44 | 音楽 | Comments(0)

ナイレン再び!

昨年に引き続きナイレンが来日しましたね!

今回のメンバーは果たして、、、
c0064706_14554698.jpg

白蛇で忙しいレブ・ビーチの代役は・・・見知らぬノッポのギタリスト、、、
白鮫で忙しいマイケル・ローディーの後任は・・・タカトシのタカのような愛くるしいヴィジュアルのコデブちゃん、、、

大丈夫なのかしらと若干の不安を抱きつつも、初日の4/19(土)赤坂ブリッツにしっかり参戦っす(笑)

再開発後、赤坂サカスなどで一気に盛り上がる街全体に呼応するかのように超満員のブリッツ。
客層は勿論前回同様に、、、おじさん&おばさんばっかっす(苦笑)

第一部はお久し振りねのファイアーハウス!
ド頭の「Overnight Sensation」ですでにテンション上がっちまいました(笑)
ビル・レヴァティは相当老け込んでたけど相変わらず良いギター弾いてましたよ!サウンドもグッドでした。大人やね!

第二部はお待ちかねナイト・レンジャーの登場!
毎度の事ながら一気ににテンション上がっちまいました(笑)

なんと新ギタリストはジェフへのリスペクトなのかレスポール・ゴールドトップを抱えていざ出陣!

セットリストはUDOのHPからGET!

You're Gonna Hear from Me
Man in Motion
When You Close Your Eyes
High Enough
Night Ranger
Panic in Jane
This Boy Needs to Rock
There Is Life
The Secret of My Success
Sing Me Away
Can't Find Me a Thrill
Four in the Morning
Sister Christian
Don't Tell Me You Love Me
---encore---
(You Can Still) Rock in America
Smoke on the Water [with FIREHOUSE]

対バン形式のため昨年よりもコンパクトなセットリストながら、サスガにヒット曲ばかり!

特に珍しく1stから「Night Ranger」「Can't Find Me a Thrill」なんかが飛び出して、、、懐かし過ぎっす。。。前回は『MAN IN MOTION』からは1曲も演奏されなかったんですが、今回はアルバムタイトル曲を披露。こういう細かい拘りが、ファンには嬉しいですねえ。

ジャック、ブラッド、ケリーのベテランらしいショーマンシップ、エンターテインメント全開のステージングは本当に小気味良くて素晴らしい!

注目の新ギタリストは、かなりのリスペクトをジェフに払っているのか、ほぼ完コピで好感触。レブ・ビーチがオリジナルに敬意を払いつつ自分流にアレンジしていたのもオイラ的には良かったのですが、コレはコレでありっす。

「炎の彼方」での高速フレーズもフルピッキングでなんなく弾き熟し、「ロッキン・アメリカ」の8フィンガーもジェフのようなしなやかな手つきでバッチリ決めてました。会場からはドヨメキの声が(笑)全体的に控えめに佇んでいる感もジェフにそっくりだったし。。。(笑)

一方の新キーボードは無難にこなしてました(笑)

ブラッドはいつものフェルナンデスのマイ・ストラト・モデルで相変わらず良い音出してましたよ!アーミングも完璧!「シスター・クリスチャン」のギター・ソロは何回聴いてもブルっと感動がきますなあ。

ああ、やっぱナイレンいいっす。メロディアス・ハード・ロック万歳!我らが懐メロ!いつでも大歓迎っす!
c0064706_14562291.jpg

黄金週間の帰省に合わせてGETした最新LIVE盤『ROCKIN' SHIBUYA 2007』はCD2枚組のフルヴォリューム!ベスト・オブ・ベストの選曲がたまりません!
c0064706_1456383.jpg

ブラッドが左、レブが右というステレオの振り分けは若干違和感があるものの(ブラッドは右でしょうって!)、お互いのギターの絡み合いがリアル伝わってきて臨場感抜群、サイコーっす!

コレ聴きながら高速道路の星になってきます(嘘)
[PR]
by sorapapa227 | 2008-04-26 14:56 | 音楽 | Comments(2)

ビートルに囲まれて

息子の空は相も変わらずクルマ一辺倒っす。

はたらくくるま⇒サイレンカー⇒乗用車ときて、、、今は完全にスポーツカー一筋っす。

でも、何故かフォルクスワーゲン・ビートルだけは常に1位らしいです。。。

って訳で当然行ってきました、ニュー・ビートル誕生10周年のイヴェント、ニュービートル・フェア!丸ビルで開催されてたんですね。
c0064706_10585544.jpg

いきなり(我が家においては)禁断の赤ニュービートルがお出迎え。
空はすでにこの時点で興奮がMAX状態!
c0064706_10591138.jpg

ちゃっかり運転席にも。。。
c0064706_10593084.jpg

隣にはブラックのカブリオレが、、、懐にゆとりがあるのなら、、、一家に2台が許される贅沢環境ならちょっぴり欲しいかもです。。。
c0064706_10594559.jpg

コイツは押切もえデザインの“花咲かビートル”(ネーミングは空ですが。。。)派手だねえ。。メルヘンチック過ぎてゼッテー乗れないっす。。。うぷぷな感じでいっぱい(笑)
c0064706_10595779.jpg

生花を敷き詰めたゴージャス・ビートルも展示。。。っつーか乗れないじゃんって。。。フロントガラスも花で埋まり捲りの運転不可モデルっす。

トドメはビートルカフェっす。通常営業のカフェeaseをビートル仕様にしてやってました。
c0064706_1101746.jpg

歴代ビートルの写真、ニュービートルの映像、そして、ビートルに因んだオリジナル・メニューとやや強引な作りですが頑張ってました。

空はそんな大人の事情なんかどこへやら、さらにテンションは鰻上り!ビートルのフライヤーとビートルのコースターは勿論保存版でお持ち帰り。
c0064706_1103017.jpg

ビートル・ベーグルも特別にオーダーしてやっちまいました。
コレで¥1.000ってのもどうなんでしょ???おいおい空、ホットウィール4台は買えるぜ・・・(笑)

まわりの赤黄ピーマンはピクルス、、、つまり、、、お摘みにしてビール頼んじゃいました。。。

この後、東京駅構内のトミカショップ⇒京橋の警察博物館⇒銀座の日産ギャラリーとハシゴし、、、つまるところ、空にはとんでもなく楽し過ぎる1日になったのでした。

オイラ的には、あの無垢な笑顔と超ハイテンションな姿を見てると、たまにはこういう子供孝行もせにゃあいかんのかなと考えさせられりしたものです。
[PR]
by sorapapa227 | 2008-04-26 11:00 | 雑記 | Comments(0)

プログレに浸りたい

ふとしたきっかけで、こんな本読んじゃってます。。。

『プログレッシブロック入門』
c0064706_121545.jpg

元々音楽のガイド本とかって意外に好きでした。

コレもご他聞に洩れずなかなか面白いガイドです。
オイラの大好きなローリー寺西と難波弘之の対談、スターレス高島、大槻ケンヂと、、、こりゃあチェックするしかないでしょうって(笑)

英国5大プログレバンド、、、ピンク・フロイド、キング・クリムゾン、イエス、ELP、ジェネシスの歴史なんかをザクっと読んでいると無性に聴きたくなりますね(笑)

・・・という訳で最近ややメジャープログレがオイラのプチ流行かもしれません。。。『レッド』『ザ・ウォール』『炎』『ドラマ』『リレイヤー』『リザード』『アイランズ』、、、復習しつつ、、、次はどうしましょう。。。

変化球だけど、『ユニオン』にでも行こうかなあ、、、「リフト・ミー・アップ」「ミラクル・オブ・ライフ」なんかサイコーだしね。

あ、『太陽と戦慄』も行かねば、、、『原子心母』経由して、『時間と言葉』なんてのもね、、、いやいや『フォックストロット』もいいですなあ。。。『タルカス』なんかもねえ。。。

ああ、しばらくプログレちゃんかもしれません(笑)
[PR]
by sorapapa227 | 2008-04-22 01:02 | 音楽 | Comments(0)

たまには天一

たまあに無性に天下一品のラーメンが食べたくなる時があります。
c0064706_0411015.jpg

勿論“こってり”で!あの旨味を凝縮し捲りのドロドロスープ、、、たまりません。

しかもこってりしてはいるものの、油っこさはさほどでもなく意外にスルスルいけちゃうんですな。

麺がイケてればもっともっと大好きなのに。。。でもあのやや伸び気味のベッタリ麺があのドロドロスープには絡みやすいのかもなあ、、、

うううぅ、、、また食べたくなってきちまいやがった。。。
[PR]
by sorapapa227 | 2008-04-22 00:49 | | Comments(0)

赤坂ラーメン久々・・・

学生時代にハマってました、赤坂ラーメン。

ここ何年も食べる機会がなかったんですが、最近久々に。。。
c0064706_0503870.jpg

いやあ、懐かしいっす。このさっぱりこってり感。トッピング自由のやや辛もやしとネギをガツンと入れて、辛味噌をほんのり落とし、ズルリズルリと。。。

チャーシューがまたトロリンピックで美味しいのよね。最近のオイラにはちょっぴりくどいけど(笑)

懐かしさに舌と頬を緩めつつ。。。たまにはいいね、赤坂ラーメン。でもスペアリブはいらないっす(笑)
[PR]
by sorapapa227 | 2008-04-22 00:48 | | Comments(2)

上野樹里って、、、

まさみさんと初共演の上野樹里ですが、、、かなり苦手でした、以前から。。。
c0064706_2152023.jpg

でもね、ドラマ「ラストフレンズ」の鬼気迫る演技を見ていてちょっぴりイメージが変わりました。っていうか、カッコ良過ぎの、気合入り捲りですな。正直まさみさんよりも圧倒的な存在感があります。。。

天然系優等生のまさみさんも最高だけど、上野樹里、、、無視出来なくなってきました。。。ただ、努力系天才肌を感じさせられて、入り込めない感はあります。。。
[PR]
by sorapapa227 | 2008-04-19 02:15 | 雑記 | Comments(2)


大好きな音楽やギタリスト、食、サッカーなど、程よくテキトーな日常日記


by sorapapa227

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

カテゴリ

全体
音楽

蹴球

雑記
ラーメン記

麺即撮

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

最新のコメント

bleumoonさん ..
by sorapapa227 at 18:42
全くその通りですね R..
by bleumoon at 15:45
桃猫さん こちらこそお..
by sorapapa227 at 10:42
どうも、しばらくぶりでご..
by 桃猫 at 09:53
240_8さん こちら..
by sorapapa227 at 12:21

最新のトラックバック

倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..
野武士、西へ
from 天竺堂の本棚
春畑道哉 「Smile ..
from 音楽の杜
Vandenberg 「..
from 音楽の杜

お気に入りブログ

k_17g's warp 3
空の成長日記
ROCK ANTHOLO...
I Can Hear M...
音楽の杜
シェリリのギター練習日記
TEYUKUNのつぶやき
上村愛子オフィシャルブログ

外部リンク

ライフログ























































































ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
食べ歩き

画像一覧