<   2011年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

カズ、44歳のサッカー小僧

カズこと三浦知良選手は今日2/26が誕生日なんですね。
c0064706_16481538.jpg

なんと44歳ですよ!おめでとうございます!

いまだ現役のプロサッカー選手。Jリーグでは勿論最年長。

凄過ぎです。

読売クラブ時代は大好きだったけど、ヴェルディのバブった感じがイヤで少し離れた時期がありましたが、ヤハリ、カズはカズ。

フランスW杯へ行けなかった時は、オイラもショックでした。

が、こんなことでは挫けないカズの精神力がスゴイ。
c0064706_16482866.jpg

丁度、最近出たカズの著書『やめないよ』を読んだばかりなのですが、ストイックなプロ根性と、根っからの前向き精神、いやあ非常に勉強になります。。。

43歳でJリーグ最年長ゴールとなるフリーキックはヤバかった!

まさに永遠のサッカー小僧だな。

オイラも頑張ろうッと!(何にだ??)
[PR]
by sorapapa227 | 2011-02-26 16:48 | 蹴球 | Comments(2)

ブラック・ページってやっぱりスゴイ!!

もう酔っ払って止まりません(笑)

フランク・ザッパは、ほんの少ししか齧れてないんだけど、、、

初めてのアルバムは「ティンゼルタウンの暴動」だったかなあ。「イージー・ミート」好きだったな。

その後は、何聴いたんだろ?

「シーク・ヤブーティー」、「ワン・サイズ・フィッツ・オール」、「ゼム・オア・アス」?

ふふ、ギター・キッズ的押さえ方がザッパ・フリークの皆さんには「まだまだだな」って怒られてしまうかも(笑)

で、「ブラック・ページ」ですな。

息子のヒキガエル君ことドウィージル・ザッパが頑張っているザッパ・プレイズ・ザッパの映像でどうぞ!

ヴァイにドウィージル、テリー・ボジオと涎モノのメンバーでしょ。

ああ、久々に聴いてみようかなあ。。
[PR]
by sorapapa227 | 2011-02-26 01:09 | 音楽 | Comments(2)

ドレッグスの名曲オデッセイ

LTEの記事を書き、さらに初めてのLIVE映像を見ていたら、やけにテンションが上がり捲ってしまいまして、、、

ジョン・ペトルーシの師匠的存在である、我らがモーズ先生の事が気になり、、、

そうそう、ドレッグスの初期の大曲にして名曲「オデッセイ」の映像が見たくなりまして、、、

だって、ドリーム・シアターもアルバムでガッチリ、完コピしてた曲だしね(笑)

いやあ、YouTubeにはしっかりあるんですなあ、ビックリ。

改めてディキシー・ドレッグスの代表曲「オデッセイ」とくと味わって下さいまし。

これで、アナタももうモーズ先生の虜でしょ!
[PR]
by sorapapa227 | 2011-02-26 00:52 | 音楽 | Comments(0)

究極のカルテット!?リキッド・テンション・エクスペリメント!!

久し振りに引っ張り出してきました。

ドリーム・シアターのファンには言うもがな(笑)

リキッド・テンション・エクスペリメントの1stですな。
c0064706_0345679.jpg

大好きで聴き捲ったなあ。

で、ふとLIVE映像なんてあるのかしらと思いたち、YouTubeで検索してみると、、、

サスガ!!

恐怖の超絶ユニゾンがら始まる名曲「パラダイム・シフト」のLIVE映像が、、、

どーですか、お客さん(笑)

もうお口がアングリ状態でしょう(笑)

ああ、大好きな「KINDRED SPIRITS」も映像あるんですなあ、スゴイっ!!

ってゆーかLIVEやってたんだね、LTEで。てっきり、アルバムだけのユニットかと思ってました。

ああ、もうマイク・ポートノイとジョン・ペトルーシの競演は見れないのかしらねえ。。。寂し過ぎる。。。
[PR]
by sorapapa227 | 2011-02-26 00:35 | 音楽 | Comments(2)

永遠の名盤 第二期ジェフ・ベック・グループ

CHARのTRAD ROCKシリーズを聴き捲ってたら、オリジナルの方も無性に聴きたくなりまして。

久し振りに引っ張り出した、コノ名盤2枚。
c0064706_23156.jpg

c0064706_23121100.jpg

第二期ジェフ・ベック・グループですね。

『ラフ・アンド・レディ』もオレンジこと『ジェフ・ベック・グループ』もとにかく最高の出来です。何度聴いても素晴らし過ぎる。

どちらかというと、ソウル、ブラック、ファンクなどが得意でないオイラもコイツには痺れ捲りなのです(笑)

ジェフのギターも当然素晴らしいのですが、コージー・パウエルのドラミング、マックス・ミドルトンの鍵盤もヤバ過ぎっ!

あ、ボブ・テンチのお歌もクライヴ・チェアマンのベースも勿論極上ですよ(笑)

インストを追求するようになってからのベックも名盤揃いですが、この第二期JBGの2枚は格別にいいですなあ、大好きでございます。

コージーをパワフルで手数の多いHR/HM系ドラマーだと認識されている方には、是非このアルバムでの彼のドラミングを味わって欲しいですね。こうゆうグルーヴも何でも叩けちゃうんですね、スゴっ!

『ラフ・アンド・レディ』のジャケットのジェフとコージーがくりそつなのもね、ビックリだけど。

いやあ、永遠の名盤でしょ、間違いないです。

最近の若い世代はROCK離れっ子が多いらしいですけど、コレを聴かないと人生損しちまいますよ、マジで(笑)

オイラも大好きな名曲「SITUATION」をまずはお試しあれ。

泣きのスライドが恐ろしい位ステキな「DEFINITELY MAYBE」もどーぞ。しかし、このストラトカッコいいっすねえ。ピックガードの右上がないのも何故だか惹かれるのよね。

空にも聴かせてみるか?まだこの味は無理だろうけど(笑)
[PR]
by sorapapa227 | 2011-02-21 23:01 | 音楽 | Comments(2)

長友佑都!目指せ!世界一のサイドバック!!

いやあ寝耳に水。

ビックリしたねえ、ホント。

長友佑都のインテルへの電撃移籍!!
c0064706_1313772.jpg

中田ヒデのASローマ、稲本のアーセナル移籍の時も驚いたけど、インパクトはその時以上ですな。

海外リーグでの活躍度合いでは、最近はドルトムントの香川が圧倒的だけど。

まずは、試合に出ないことにはね。

しかし、本田じゃないけど長友も「持ってる」のかもしれません。

なんたって、キブが4試合出場停止だもんね。

舞台は整った。

さあ、ローマ戦、右サイドにマイコン、左サイドに長友。

試合出て左サイドを駆け抜けてくれ!!
[PR]
by sorapapa227 | 2011-02-05 13:01 | 蹴球 | Comments(2)

男は黙ってCharを聴け!!

最近、エリック・ジョンソンの新譜以外に、余り興奮するCDアルバムに出会えてなかったのですが、久々にキマしたねえ!!

CharのTRADROCKシリーズですね。
c0064706_12341186.jpg

前々から存在は知っていたのですが、ネット通販のみの取り扱いだったもんで、尻込みしてました。

が、遂にシリーズ完結ということで、思い切って6タイトル全て大人買いです(笑)

TRADROCKシリーズとは、Charのリスペクトするアーティストの楽曲をCharのフィルターを通してカヴァー。ピックアップされた6アーティストをアーティストごとに作品にまとめたシリーズです。

Charにとってのルーツミュージックの探求という雰囲気かもしれません。

選ばれたアーティストは、エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジの3大ギタリストに加え、ジミ・ヘンドリックス、ビートルズ、ベンチャーズとロック界の歴史的大御所ばかり。

基本演奏はChar(Vo・G)、沢田浩(B)、古田たかし(D)のトリオですが、ジミー・ペイジ編の『JIMMY』は息子JESSE(Vo・G)とのデュオ形態、ジェフ・ベック編の『JEFF』はスモーキーメディスン時代の盟友(亡き藤井章司の代わりに、PSYCHEDERIXの相棒ジム・コウプリーが参加)との録音ですね。

いやあ、新解釈含め素晴らしいアレンジで最高のROCKギターが楽しめますよ。ホント。

Charのギターの素晴らしさ、歴史的な楽曲の素晴らしさを合わせて痛感させられる作品群。

かなり感動しちまいました、マジで。高校生当時、初めてクラプトンやジェフ・ベックの音楽に出会った時の震えるような気持ちの高ぶりが、記憶と共に蘇ります。

それぞれ、収録楽曲は約6~8曲のミニアルバムサイズですが、なんとCDだけではなくDVDとの2枚組パッケージでして、作品によっては収録楽曲も一部異なる大サービス。

オイラはまずCDの方を聴きまくっていて、映像は楽しみにとっておいて、まだ見てないのです(笑)

楽曲選曲者も作品ごとにヒネリが効いてますよ。

ジェフ・ベックは藤井章司、ジミー・ペイジはクリス・ペプラー、ジミヘンは大友博、ベンチャーズは萩原健太、ビートルズはなんと奥田民生です。こういうところのセンスにも脱帽。

全てマストと言いたいところですが、敢えて1枚挙げるのであれば、やはりジェフ・ベックの『JEFF』でしょう。
c0064706_12344222.jpg

スモーキーメディスンのスタジオ録音作品は恐らく存在しないだけに、そういう意味でも貴重かなと。

金子マリとCharの歌声、ナルチョのベース、佐藤準の鍵盤、そして、藤井章司の代わりを最高のドラミングで務めるジムと完璧です。

しかも、選曲が第二期ジェフ・ベック・グループが中心なのも嬉しい。2曲だけBBAですが、これもかなり良い出来。

Charはジェフ・ベック・モデルのストラトで魂込めたフレーズを連発。もう辛抱たまりません。

ああ、全ギター・ファン、全ROCKファンに、是が非でも聴いて欲しいこのTRADROCKシリーズ。

Charのギターに触れたことの無い人も、自分の好きなアーティストが取り上げられていれば、入りやすいのではないんでしょうか。

YouTubeで「紫の煙」の映像があったので、是非チェックしてみて下さい。ちょっとどの番組の映像か定かじゃありませんが。。。

うん、しばらくはCharのギターを聴き続ける毎日かもしれません。
[PR]
by sorapapa227 | 2011-02-05 12:36 | 音楽 | Comments(0)

料理の怪人&キッチンが走る

相変わらず旅番組、グルメ番組が好きなオイラ。

美味そうな料理見ながら、晩酌するのがゆるーくて楽しいのです。

ま、おっさんですから(笑)

で、最近のお気に入りが、テレビ東京『料理の怪人』とNHK『キッチンが走る』です。
c0064706_12184.jpg

『料理の怪人』は、とにかく料理や食材に拘り捲った料理人や、野菜、魚他、食材を提供する拘りの生産者をヴァラエティ的に紹介する番組。

V6長野博と久本雅美の司会はややくどいが、紹介される料理人、生産者、料理が面白いので毎回楽しめます。
c0064706_1223050.jpg

『キッチンが走る』は杉浦太陽と料理人が旬な食材、具材を求めてキッチンワゴンに乗り、旅をしつつ、出会った生産者にその食材を提供してもらい、それを使った新感覚の料理を振舞うという。これもまたゆるいながら、なんだかほっとする番組。
c0064706_1225181.jpg

毎回、料理人ゲストが異なるのも嬉しい。キャラの違いもね。

料理人にスポットを当てた番組は多いけど、生産者と料理人が直接出会い、話す場面ってのに注目している所がね、ポイント。

「今までは厨房で食材としか向き合わなかったけど、生産者との出会いでその食材の生まれる過程、大切さがわかり、より心を込めて料理を作りたいと思うようになりました。」

なんて、セリフなんかいいなあって思っちまいます。

ああ、家でのゆる呑み、オッサンくさいけど、この番組をアテに一度お試しあれ(笑)
[PR]
by sorapapa227 | 2011-02-05 12:02 | | Comments(0)


大好きな音楽やギタリスト、食、サッカーなど、程よくテキトーな日常日記


by sorapapa227

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

カテゴリ

全体
音楽

蹴球

雑記
ラーメン記

麺即撮

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

最新のコメント

DOUGさん、こちらこそ..
by sorapapa at 22:02
遅くなりましたが今年もよ..
by DOUG at 19:59
DOUGさん 遅くなり..
by sorapapa227 at 10:25
elmar35さん 遅..
by sorapapa227 at 10:24
あけましておめでとうござ..
by DOUG at 20:15

最新のトラックバック

倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..
野武士、西へ
from 天竺堂の本棚
春畑道哉 「Smile ..
from 音楽の杜
Vandenberg 「..
from 音楽の杜

お気に入りブログ

k_17g's warp 3
空の成長日記
ROCK ANTHOLO...
I Can Hear M...
音楽の杜
シェリリのギター練習日記
TEYUKUNのつぶやき
上村愛子オフィシャルブログ

外部リンク

ライフログ























































































ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
食べ歩き

画像一覧