<   2011年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

まさみさんが。。。ようやく。。。

まさみさんに二度目のロマンスが発覚。

しかも、お相手が、、、オイラの大嫌いな某グループの一人で(苦笑)

閑話休題

とはいえ、最近めっきり人気、露出共に控えめになってしまったまさみさんにはチャンス到来なのか?

またまた芸能界特有の仕込みなのか??(笑)

でも、久し振りに映画も出演ですな。
c0064706_16511953.jpg

コミック読んだことないからストーリーはわからんちんだけど、『岳-ガク-』に出演決まったのは嬉しいっす。
c0064706_16513696.jpg

『ロボコン』でも共演した小栗旬とのコンビが復活。

それと、さりげなくNHKの『探偵Xからの挑戦状』にもナビゲーターの江戸川蘭子役で出てるんですよ。
c0064706_1714841.jpg

この番組、さりげなく作品に貫井徳郎、北村薫などオイラの大好きな作家を使っていてビックリ。

ちょっぴりコミカルすぎだけどなかなか面白いっす。

さ、今後のまさみさん、相変わらず厳しい状況が続く中踏ん張れるのか??

勿論、オイラは応援し続けますよ(笑)

でも、最近、容姿や発言含め、この人も実は気になってます。
c0064706_16543537.jpg

ふふふ。
[PR]
by sorapapa227 | 2011-04-30 16:54 | 雑記 | Comments(0)

白蛇のヴァイ様を拝めるぞの巻

オイラの白蛇生体験は一度のみ。

しかも、エイドリアン・ヴァンデンバーグ+ウォーレン・デ・マルティーニという異色のツインギターでした。

スティーヴ・ヴァイ+エイドリアン・ヴァンデンバーグの時にも参戦したかったんだけど、タイミングが合わずに。。。

そして、遂にそのヴァイ加入後の白蛇のLIVE映像が拝めるらしいですぞ!!
c0064706_1419281.jpg

WHITESNAKE『LIVE AT DONINGTON 1990』
c0064706_14194850.jpg

白蛇の歴史を辿ってみると、ヴァイ時代ってのはかなり往年のファンにとっては認め難いものがあったのかもしれません。

ブルージーなHRサウンドに、あのド派手で音数が多く、時に変態ちっくなフレーズも辞さないオリジナリティを備えたギター・サウンドが完全に融合するのはねえ。。。???
c0064706_14253653.jpg

でもね、オイラはヴァイ参加の唯一の白蛇作品『SLIP OF THE TONGUE』は結構アリというか好きでしたよ。

ヴァンデンヴァーグの腱鞘炎による離脱のために、緊急参戦、アルバム全てのギター・パートを録音することになったヴァイのギターは最後にレコーディングされ、MIXされたらしいとどこかの雑誌で読んだ記憶があります。

確かにリズム隊との絡みとかにしても、ギターがやや浮いては聴こえてしまいます。

でも、あの楽曲にヤリ過ぎな位ギターを押し込んでいくヴァイの姿勢というかギター・スタイルにはオイラは素直にうなずけてしまいます。まあ、「FOOL FOR YOUR LOVING」はリメイクにしてはちょっとイキ過ぎかもですが(笑)

全体的には、空間や間を大切にしてないし、ブルージーな泣きや熱さには欠けるかもしれないけど、お気に入りはお気に入り。

アルカトラスもDLRバンドもヴァイが入るとね、ヴァイ色に染まったじゃあありませんか!それで良いのです。

なので、ヴァイが奏でる白蛇の往年のヒット・ソングを聴いてみたいという願望は以前からあった訳ですね。

ただ、ブートとかだと音質が酷いからなあ。。。ってことで追求出来てませんでしたので、今回の作品は嬉しい限りなのです。

トラック・リストを見ると、ヴァイのソロ曲も演ってるのでビックリ。

「FOR THE LOVE OF GOD」「THE AUDIENCE IS LISTENING」が収録されているみたいです。

これは、DVD必見でしょう!
CDが同音源なのがもったいないなあ。。。録音日が別でセット・リストが違ったりしたら、大人買いで同時購入しちゃうのに。

アルバムのタイトル曲でもあり、日テレの劇空間プロ野球でも使用されていたハズのコイツがYouTubeにありましたので。


さて、elmar35さんの食指は動くのでしょうか?(笑)
[PR]
by sorapapa227 | 2011-04-17 14:21 | 音楽 | Comments(4)

ヤンギオススメのギターアルバム500枚

今月号の『YOUNG GUITAR』の特集はスゴイですよ。
c0064706_12181590.jpg

題して

YG SPECIAL DISC GUIDE for ALL THE GUITAR PLAYERS THE MASTERPIECES 500

ギタリストのためのマスト・アルバムを500枚もレビューしてくれているのです。

パラパラ読んでみると、同じアーティストでもオイラとは選ぶ作品が違ったりして、勿論不動の名盤もあるし、うーん、こうゆう特集は大好きで、読み応えがありますです。

意外に、マスト盤でも聴いてないのもあるなあ。。。

好みだしなあ。。。

でも、食わず嫌いで損するのもヤだしなあ。。。

最近は、震災、余震やら原発問題やらで、なかなか音楽モードに没頭出来なかったりもしたんだけど、通勤時含め、ちょいちょい聴き始めてまして、音楽のありがたみを再認識してる次第。

今週から圧倒的クイーン・モードだけど、色々チェックせねばなあ(笑)

しかし、こんなにイケてるガイド本があっさり手にすることが出来る今のギター・キッズはハッピーですな。

オイラがギターに完全にドップリとハマったのは高校1年。ギタマガメインにヤンギ、プレイヤーをチェック。何故か(というか色々あって)メタル及びBURRN!は敬遠してました(笑)
c0064706_12195432.jpg

よく読んだガイド本は、今は絶対絶版だけどシンコーから出てた『スーパー・ロック・ギタリスト』。これにはホントお世話になりましたね(笑)

ああ、ガイド本見ちゃうと、またギター・アルバムが恋しくなっちまうのよね。

さ、何から聴こ??
[PR]
by sorapapa227 | 2011-04-16 12:19 | 音楽 | Comments(4)

クイーン三昧

宣言通り、やっちまいました(笑)

例のクイーンの40周年記念リマスター盤ですが、5枚一挙に大人買いです(笑)
c0064706_1122227.jpg

勿論、2枚組仕様の方で全て揃えましたよ。

ボーナスEPの音源も気になるんですけど、まずはリマスターされた音源を1枚目から順番に(笑)思いっきり楽しみたいですね。

KEEP YOURSELF ALIVE!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ユニバーサル・ミュージックのHPでは、戦場カメラマンの渡辺陽一がクイーンを語ってました(笑)
c0064706_1151872.jpg

渡辺陽一の選ぶクイーンの大好きな曲ベスト3は、下記だそうです。

1位 バイシクル・レース
2位 ボヘミアン・ラプソディー
3位 ドント・ストップ・ミー・ナウ

ふふ、まだまだだな(笑)

オイラのベスト3は、、、迷うけど曲単位ならこんな感じかなあ?

1位 ミリオネア・ワルツ
2位 うつろな日曜日
3位 キラー・クイーン

アルバムならば、、、

1位 クイーンⅡ
2位 オペラ座の夜
3位 シアー・ハート・アタック

まあ、ぶっちゃけクイーンは大好き過ぎて、選び難いし、日によって選択肢は変わっちまいそうですが、一応。。。

雑誌も、軒並みクイーン特集ですね。
c0064706_1125610.jpg

ロック・ジェットのエディこと三柴理のインタビュー読んで、ビックリ。
c0064706_1131999.jpg

ピアノでのクイーン・カヴァーアルバム出すそうです。
c0064706_113322.jpg

しかも、パンチインなしの一発録り!

プロトゥールス全盛期に、生の楽器演奏による緊張感、プレイアビリティをフルに生かしてくれるエディに感謝と期待。

これはマストでしょうな。
c0064706_1135043.jpg

レココレもマニアックに解説してくれてて嬉しい限り。

しかし、ジャケのクイーン・ロゴの位置、大きさが変わってることまでは、気付かなかったな。。。

やっぱオイラはマニアさんじゃないみたいですね(笑)
[PR]
by sorapapa227 | 2011-04-16 11:05 | 音楽 | Comments(0)

金ちゃんヌードルが旨いのよ!

震災後、計画停電などの影響もあって、水、パン、即席麺などの商品が店頭から消えました。

普段から痛風のために水を買い、ラーメン好きが故に即席麺を購入し捲っていたオイラには大打撃。

で、そんな時、カミさんの実家から送ってもらいましたよ。

金ちゃんヌードル!
c0064706_14163477.jpg

関西ではメジャーなこのカップ麺も東京の人は知らない人も多いのかもなあ。

恐らく、日清食品のカップヌードルに近いモノを目指したのであろう、徳島製粉のメイン商品がこの“金ちゃんヌードル”ですな。

今はカップ麺も進化し、有名ラーメン店とのコラボや生麺に近いモノまで、より技術的にも味も飛躍した進歩を遂げているとは思うのですが、やはり王道の懐かしいカップ麺、これはこれで大切な味かもです。
c0064706_14165089.jpg

しょうゆも良いけど塩も旨いのよ。
エビが入ってるのもカップヌードルの影響なのか??
c0064706_1417531.jpg

今回初めて食べた金ちゃんねぎらーめんも旨かったな。
ピリ辛がまたね、良いのよ。

普段はなかなか味わう機会がない金ちゃんヌードル。

最近でも、余震や放射能など不安が付きまとい、テンションが上がり切らない日々も多いけど、ひと時の間でもほんのり温かい気分にさせてくれた金ちゃんヌードルに感謝なのだ。
[PR]
by sorapapa227 | 2011-04-09 14:17 | | Comments(0)

QUEEN40周年記念リイシューがヤバそう

知らなかったなあ。。。

オイラの心の友、QUEEN(クイーン)が40周年記念のリイシュー盤を発売していたなんて!!
c0064706_1316485.jpg

オイラにとってのクイーンは、だいぶ前に記事でも書いた通り、7枚目の『ジャズ』までなのですが(8枚目の『ザ・ゲーム』もギリギリありかも)、今回なんとまさにオイラの青春である初期5枚が、リミテッド・エディションでリイシューされているみたいなのです!

オーディオ・マニアとは無縁のオイラなので、音質にはあんまり拘っておりません。なので、SHM-CD仕様には全く心が響きませんが、ボーナス・ディスク付きの2枚組仕様となると、話は別!!
c0064706_13152812.jpg

最初はクイーンの中でオイラのNO.1アルバム『クイーンⅡ』だけでも買い直しとこうかなと思ってた程度ですが、どうやら各ボーナス・ディスクの内容がヤバそうです。

貴重なLIVE音源やら、レア・トラックらしく。。。

うおー、これはコンプリートな大人買いかあ???(涙)

うん、でも¥2800×5枚=¥14000ならば、、、えーい経済復興のためにも(笑)買っちまうか?!

たぶん、来週中にはかき集めてGETしちまいたい気分にまで高まってしまいました。

しかし、偶然って恐いのよね、最近丁度、久し振りに2ndとオペラ座をi-phoneで聴いてた所だからなあ。

必然なんだね。
[PR]
by sorapapa227 | 2011-04-09 13:16 | 音楽 | Comments(2)

エクストリームもクイーンの申し子なのだっ!!

オイラが昨年より大プッシュ中のserial TV dramaが、クイーンの影響下にあるのは、サウンドやギター、コーラス、楽曲構成、アレンジにおいても明らかなのですが。

かのバンドのリーダー兼ギタリストの新井のインタビューで判明したのは、彼がエクストリームのヌーノの大ファンで、そこからヌーノの大好きなクイーンに遡ったとのこと。

いやあ、嬉しいじゃないすか。

最近、こういうルーツを辿っていく音楽の聴き方をする若人が減ってきているのは顕著らしいから(涙)

で、かくいうオイラはクイーンは大好き、で、エクストリームも大好きなんだけど、ヌーノのインタビュー読む前には、そこまでヌーノがクイーンのファンだとは知らなかったんですね。

でも、しっかり聴いてみると、エクストリームの1stの「ロック・ア・バイ・バイ」のギター・ソロなんかブライアン・メイっぽさガンガンだしね。2ndの「ソング・フォー・ラヴ」にも感じるし、3rdの後半の大曲なんかは、実はまんまかもしれません。

そこで、思い出したのが、フレディー・マーキュリーのトリビュート・コンサートでの彼らのプレイ。

痺れましたね、クイーン愛に満ち溢れていて。

まずは、これを聴いて見て下さいよ。

「ムスターファ」から「ボヘミアン」って?!で、しっかりと「炎のロックンロール」でしょう。メドレーにもクイーン愛とセンスが満ち溢れてますぜよ。

「ストーン・コールド・クレイジー」から「レディオ・ガ・ガ」で攻めるしさ。

オイラ的に特に感動したのは、アコースティックでの「ラヴ・オブ・マイ・ライフ」かもしれません。しかも、ここから「モア・ザン・ワーズ」に持ってくという、最高のプレゼント。

フレディは帰って来ないけど、クイーンの魂を音楽的に受け継いだアーティストが奏でる音楽、それがビートルズと同様にオイラには響いてくるのです。

時は繋がり、音楽も繋がるのでしょう。

こんな時だからこそ、歴史を踏まえた音楽の力に身を任せたいのと同時に、純粋に楽しみたいし、その力を糧に自分自身も頑張らなきゃと思うのです。

ああ、音楽の力は偉大なり。
[PR]
by sorapapa227 | 2011-04-03 23:51 | 音楽 | Comments(0)

ヴァイのザッパ魂を感じるのだ!!

スティーヴ・ヴァイに出会ったのはいつだろう?
c0064706_2384574.jpg

恐らく、デヴィッド・リー・ロスのアルバムだと思うのだが、、、記憶が曖昧っす。。。

といいつつ、ホワイトスネイクの問題作『スリップ・オブ・ザ・タン』をオイラはお気に入りだったので、そのタイミングなのかもしれません。

彼の代表作は、やはりソロ2ndの『パッション・アンド・ウォーフェア』だと思いますが、、。

でもね、ちょいと攻略するには、やっかいかもしれませんが、1stソロ『フレクサブル』も最高なのです。

このアルバムは、ヴァイの魂とザッパの魂の融合が良い意味で感じられるのですね。かといって難解さが全面に出ているわけでもないと。是非多くの音楽ファンに聴いて欲しい一枚でありまする。

ま、良くも悪くもギター・アルバムではありますがね(笑)

オイラが単純に反応したのは勿論この曲!!

「ジ・アティテュード・ソング」です。

生で初体験はヴァイとザッパ印のマイク・ケネリーのツイン・ギターでした。

どうですか?ヤバイっしょ?

この捻くれ具合に、テクニカルさも半端なく、しかも楽曲として成り立たせてる奇跡的なバランス!
c0064706_2393871.jpg

しかも、オイラの大好きなマイク・ケネリーの弾きっぷりが凄いっしょ!余裕かまし過ぎっしょ!

HM/HR志向の強いヴァイ・ファンからは「違う」と言われるかもしれませんが、間違いなく彼の代表となる曲ですぞ。

ああ、いつ聴いても痺れますなあ!!

ヴァイのエンターテインメント魂溢れるHM/HR部門も勿論良いですが、ザッパ直系の捻くれたギター・オリエンテッドでフリーキーなギター・ミュージックも最高なのですぞ。

これからは、マイク・ケネリー的なコッチにドップリ入り込んだヴァイも聴いてみたいという願望があるのです。マジに。
[PR]
by sorapapa227 | 2011-04-03 23:17 | 音楽 | Comments(2)

ギター・ソロを噛み締めるの巻

いやあ、YouTubeは楽しいですね。

色々、検索していると、夜が勝手に深くなっていきます(笑)

でね、オイラにも大好きなギター・ソロってのが沢山あるのですが。。。

今日はコイツで気持ち良く酔ってもらいたいなと。

大好きなフェア・ウォーニングの中でもこのギター・ソロは秀逸ですな。

大バラード、「ロング・ゴーン」ですよっ!!

アンディ・マレツェクのスリリングさを兼ね備えた構築美溢れるギター・ソロを是非に味わって下さいまし。

ヘルゲのウリ直系の伸びやかなクラシカリングなギターも勿論良いんだけど、アンディの変幻自在のフレージングはやはり魅力的。

アンディと言えば。。。

デンジャー・デンジャー時代のアンディ・ティモンズのコイツもハズせないでしょ!!

否が応でもテンション上がり捲りの「ロック・アメリカ」ですな。

クレイマーのギターを縦横無尽に操る若かりしアンディがフレッシュで、眩し過ぎますぜ(笑)

うーん、素晴らしきギターを聴いていると、この危機的な世の中の世知辛い流れを一瞬、いや暫く忘れられそうになります。

ああ、早く、オイラだけでなく日本も元気になって欲しいのです。
[PR]
by sorapapa227 | 2011-04-03 01:00 | 音楽 | Comments(0)


大好きな音楽やギタリスト、食、サッカーなど、程よくテキトーな日常日記


by sorapapa227

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
音楽

蹴球

雑記
ラーメン記

麺即撮

以前の記事

2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

最新のコメント

どうも、しばらくぶりでご..
by 桃猫 at 09:53
240_8さん こちら..
by sorapapa227 at 12:21
ご無沙汰してます。我が家..
by 240_8 at 14:54
DOUGさん、こちらこそ..
by sorapapa at 22:02
遅くなりましたが今年もよ..
by DOUG at 19:59

最新のトラックバック

倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..
野武士、西へ
from 天竺堂の本棚
春畑道哉 「Smile ..
from 音楽の杜
Vandenberg 「..
from 音楽の杜

お気に入りブログ

k_17g's warp 3
空の成長日記
ROCK ANTHOLO...
I Can Hear M...
音楽の杜
シェリリのギター練習日記
TEYUKUNのつぶやき
上村愛子オフィシャルブログ

外部リンク

ライフログ























































































ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
食べ歩き

画像一覧