ショック!!!!!CLトーナメント1回戦

悲しすぎる、寂しすぎる・・・・・
UEFAチャンピオンズリーグの事です。

大好きなスペクタクル軍団FCバルセロナが負けてしまったのですよ。
大大大富豪のロシア人アブラモビッチがオーナー、天才指揮官モウリーニョ率いるチェルシーにやられました。

しかししかし、本当に素晴らしい試合だった。
カンプノウでの初戦はバルサが2対1で勝利。もはや万全かと思っていたけど。
2戦目のスタンフォードブリッジにはただならぬ雰囲気がいっぱいで。
グラウンド状態も確かに悪かったけど、まさかの前半で3対0でチェルシーリード。

必殺のカウンターにやられましたよ。
でもあのハイプレッシャーはスゴかった。天才軍団のバルサのポゼッションサッカーをまるでさせてもらえなかったからね。
しかし、グジョンセンにしろランパード、ダフもジョーコールも流石だった。

で、半ばあきらめかけたとたんのPKゲット。
ロナウジーニョが落ち着いて決めて3-1。
ここからがバルサの真骨頂。
特に2点目のロナウジーニョは歴史にも残る芸術的なゴール。

腰振り振りフェイントからノーステップでのトーキックでのシュート。
チェルシーの堅守の功労者であったチェコ人キーパーのツェフも1歩も動けなかった。
これで3-2、アウェイゴールルールでこのままだとバルサの勝ち抜け。

しかし後半にドラマは待っていた。
見たくないドラマが待っていたのだ。

まさかのテリーのヘディングシュートがバルサゴールに吸い込まれ・・・4-2。
その後の健闘虚しくタイムアップ。

悔しすぎる・・・・・
自分的にはたまらなく寂しいCLになってしまった。
もうリーガに切り替えて、またバルサの芸術的パス回し堪能しよーっと。
c0064706_215529.jpg

c0064706_22815.jpg

[PR]
# by sorapapa227 | 2005-03-12 02:04 | 蹴球 | Comments(0)

カール・ヴァーヘイエン、良いのですよ!

やっぱり、セッション系のギタリストって注目度低いのが残念だ。
どう考えたって、パーマネントなバンド持ってる方が印象的にも強いしね。

そこで、CARL VERHEYENです。
まさにセッション系のスーパーギタリストです。
一応後期のスーパートランプに加入しているものの、ギター1本で渡ってきたテクニシャン。

僕は、たぶんギタマガのレビューで「エリックジョンソン風の~」というフレーズに惹かれ衝動買いしたのが彼を知ったきっかけです。
ソロアルバムの初期3枚以外は未聴なのですが、2枚目でハマりました。
まさに僕の大好きなエリックジョンソン、スティーブモーズな雰囲気が満載で。

繊細なんだけど、ギタートーンは骨太。太いEJってニュアンスです。
楽曲的にはモーズのジャズ、フュージョン部分の影響が強いかも。

またヴォーカルが良いんですよ。まさに透明感溢れてて。ルカサーとEJを足して2で割ったような声というかなんというか。

1st「ノーボーダーズ」はよりフュージョン的で、テクニック的にも魅せている感じです。僕がオススメの2nd「ガレージセール」はブルースあり、歌ものありで、総合的にカールの実力を楽しめると思います。タイトル曲は特にモーズ好きにはたまらんはず。3rd「スラングジャスティス」
c0064706_126528.jpg
c0064706_127881.jpg
c0064706_1272183.jpg

はよりブルース色が強いです。でも流れるようなペンタトニックのソロとかEJを想起させるところも多いですよ。

余り雑誌にも取り上げられない人なので、最近の動向がイマイチわかりませんが、ギタリスト好きの皆様は要チェックですね。

そうそう、彼はセッション時代に、今は昔の人ですがティファニーのアルバムでもプレイしてるんですよ。(バッキング中心のかなり堅実かつ地味なプレイなので、購入を敢えてススメルことはしませんが)

カールよ、もう少し有名になって来日し、素晴らしい音色を聴かせて下さいまし。

CARL VERHEYEN
[PR]
# by sorapapa227 | 2005-03-12 01:28 | 音楽 | Comments(4)

ショーン・レーンよ永遠に

ショーン・レーン。
今は亡きギタリスト。
超絶のテクニック、フュージョン系ながらクラシックにも通じるメロディアスな楽曲。

ソロアルバム「POWERS OF TEN」はかなり衝撃だった。

雑誌で「バケットヘッドの正体はショーンレーンか?」的な記事を読み、バケットヘッド好きな僕は、誰だそいつは?という至極当然な疑問を持ったのだった。
ポールギルバートも絶賛だという記事もチェックし、ますますアルバムが気になりだし、ついに今はなき新宿丸井のヴァージンメガストアで発見、即購入した。

とにかく素晴らしかった。感動した。というのがまず感想。
テクニックが素晴らしいギタリスト(殊更、速弾きに関してだが)は数多いるものだが・・・
彼の場合常軌を逸したスピードぶりに楽曲のメロディの良さがマッチしてとにかくやられた。

ピアノだけの2曲も含め全曲美し過ぎる。
個人的には「RULES OF THE GAME」「GRAY PIANOS FLYING」が特にオススメ。
流麗なフレーズに柔らかいのだがFATなギターサウンドが心地良い。

残念ながら、あまりのデブさが災いしてか(心臓系だったか?)、若くして逝ってしまったのが本当に惜しい。

実はこのアルバム2ヴァージョン存在しており、2曲位録り直しされている。
元々は全曲ショーンの演奏、プログラミングだったのだが、後にレーベルの意向か、ベース、ドラムを入れて再録している。
曲順もミックスも異なるのでぜひ聴き比べて頂きたい。
僕は最初のヴァージョンが気に入っているけど。

あ、そうそう、当時はネット通販がここまで普及してなかったんで、苦労してこのアルバム手に入れたんだけど・・・
実は、ショーン参加のアルバムはすでに僕自身が持っていて、ただ恥ずかしながら、自分が彼の存在に気づいてなかっただけだったのだ。
フランクギャンバレが聴きたいために買った「マークバーニープロジェクト2」まさにこれにショーンが参加していたのでした。余りライナー読まずに流し聴いてただけだったので。(今は超お気に入りの1枚だけど)

その他、Jエルボーグとのプロジェクトやゲスト関係のものもあるけど、やっぱソロアルバムの1stが一番だな。
c0064706_2239263.jpg
c0064706_22391788.jpg

SHAWN LANE
[PR]
# by sorapapa227 | 2005-03-06 22:05 | 音楽 | Comments(3)

遅ればせながら、空誕生日祝い

遅ればせながら今日、空の誕生日祝いの会を決行。
ばあば」は張り切ってものすごい大量のチラシ寿司を作ってくれたね。
空はレンコン揚げがお気に入りでたっぷり食べてた。

刺身にまぐろユッケ風、ホタテにアボガドサラダと豪勢な夕食で感謝感謝。
ケーキもたくさん食べたし(特にママ)、大満足でしょう。

じいじもシャンパン飲み過ぎで酔っ払いだったよ。

プレゼントもまーからもらった本におおはしゃぎ。
やっぱり、ブーアが好きなんだね。
嬉しくて暴れすぎて、急に睡魔がきたんだね。

家帰って、お風呂出てからはご機嫌斜めで、泣きまくり。

はしゃぎすぎて疲れたんだね。
でもホント良かったね。

ゆっくりおやすみ。
[PR]
# by sorapapa227 | 2005-03-06 21:38 | 雑記 | Comments(0)

神の手ゴール

Jリーグ開幕の1戦目、横浜Fマリノス×ジュビロ磐田。
僕は勿論昔からジュビロ好きなんだけど。
マリノスはチームとして、日産時代からあまり好きではないんだよね。

で、本題。
やりました福西!!!
まるであれは、メキシコ大会イングランド戦のマラドーナだ。
神の手でした。
っていうか、思いっきりハンドですな。

でも結果オーライ。
1対0という、得点的にも、中身的にも、渋い試合だった。
特にジュビロはいつものショートパス回しが見られず、やや攻め急いだサッカーで、残念。

まだ開幕したてなんでこれからだと思うけど。
山本監督、頼むよ。

ジュビロはジュビロらしく。
c0064706_21434663.jpg

[PR]
# by sorapapa227 | 2005-03-06 21:31 | 蹴球 | Comments(0)

2005年度Jリーグ開幕

Jリーグが今日開幕だ。
今年のJ1は2チーム増え、1ステージ制になり、より世界基準なリーグになったので楽しみだ。

昔から好きなのはジュビロ磐田。
やはり繋ぐサッカーが良い。
カウンター系だとやはりどこか物足りないし。
より攻撃的なポゼッションサッカーを目指して欲しいですな。

今期もジュビロは、やはりベテラン勢が中心かな。
自分は藤田俊哉がお気に入り。
パス出せるし、得点も狙える。スペースへの飛び出しも良いし。
福西も好きな選手。結構当たりは激しいけどね。

ただ、ジュビロはそろそろ、若手が引っ張る位にならないと、今期は厳しいかも。

ジェフから移籍組のサイド職人村井、サイドからトップまでこなす西、器用貧乏の汚名を晴らしたいマルチな前田、未完の大器?ゲームメーカー成岡あたりにはもっと張り切ってもらわないとねえ。

山本監督の腕の見せ所ですな。

初戦から王者横浜Fマリノスだから、頭から飛ばしてくださいよ。

頼んだゴン隊長!!!c0064706_22173068.jpg
[PR]
# by sorapapa227 | 2005-03-05 16:10 | 蹴球 | Comments(0)

なんかまた寒くなった感じ

暖冬だと思ってたのに。
まあ、多少寒い日、積雪な日もあったけど、やはり今年の冬は暖かかったと思う。

このまま春に突入かと期待していたが・・・甘かった。
昨日今日と寒い寒い。
そりゃあ雪も積もるよ。

今朝は雪のせいで電車遅れまくりで駅で40分近くも待たされたよ。

まあ、四季のある日本、いつまでも季節感を大事に生活していきたいものだけれどねえ。
[PR]
# by sorapapa227 | 2005-03-05 02:40 | 雑記 | Comments(0)

空はすくすくと

空がすくすくと大きくなっている気がする。
ついこの間までハイハイだったのにねえ。

今は走りまくりのいたずらっこ。
誰に似たのか、意地っ張りだし、頑固だし。

ブーア(車のこと)がホント大好きだよね。
特にサイレンカー(パトカー、消防車、救急車系)、工事車両系が。

前はカーキャリーが断然一位だったけど、ここにきてタンクローリー、ゴミ収集車がポイント上がっているよ。

ミニカーも大好き。パパは空の嬉しい顔見たさに思わずトミカ買っちゃうんだよね。
まだ、隠してあるけどロードスイーパーとジープ、ビッグカメラで購入してキープしてるんだ。

今度、またプレゼントするね。
c0064706_281826.jpgc0064706_283568.jpg
[PR]
# by sorapapa227 | 2005-03-04 02:08 | 雑記 | Comments(0)

まさに神!ウリ・ジョン・ロート

ウルリッヒ・ロート改めウリ・ジョン・ロート、彼こそギター界の生き仙人だろう。

初めて聴いたのはスコーピオンズの名盤「ヴァージンキラー」。
例の幼女ヌードジャケットで話題のあのアルバムです。

はっきりいって「キャッチ・ユア・トレイン」のソロにやられました。
あの時代にクロマティックのスケール下降、ちょっとピッチ上がり気味のチョーキング、唐突なディミニッシュと全てがショッキングでした。
c0064706_14654.jpg

そこから、エレクトリックサン、ソロアルバムと聴きまくり。
特に「BEYOND THE ASTRAL SKIES」にハマリました。
HR、ジミヘン、クラシック、オペラの融合というかなんというか、とにかく感動の嵐。
ミックス状態はイマイチですが何よりも楽曲とギタープレイが素晴らしい。
マイケルフレクシグの天にも昇る様なヴォーカルも良い。
ウリ自身のヴォーカルは相変わらずのヘタウマだが・・・

イングヴェイも尊敬する流れるようなスケールフレーズ、ポ-ルギルバートも驚きのスキッピングも聴けるし、まさに早過ぎた天才と言える。
c0064706_142362.jpg

そのあとしばしの隠居があり、ようやく動き出した神、SKY OF AVALON名義でリリースした「プロローグ 天空伝説」も今後創作予定の大作のダイジェスト的内容だが、よりクラシック、オペラの影響も有り、劇的なまでの仕上がりになっている。
スカイギターがヴァイオリンの如く泣きに泣いていて、とにかくそのギターサウンドの素晴らしさにただ脱帽だ。元フェアウォーニングのトミーハートも参加しており素晴らしい声を披露していますよ。

ネオクラ系が好きな方は間違いなく聴きだと思う。

ってことで、ウリ名義の「BEYOND~」とAVALON名義の「天空伝説」はマストアイテムです。ジャケも素晴らし過ぎなんで大きく載せてみます。それぞれ、モニカ・ダネマン(ジミヘンの元恋人で今は亡き画家)作とウリ作なのですが美しい、美し過ぎる。
っていうかウリものは全部チェックして欲しいですけどね。

ULI JON ROTH
[PR]
# by sorapapa227 | 2005-03-04 01:42 | 音楽 | Comments(1)

100sが良いんです。

最近あまり邦楽で感動するほど良いアルバムに出会えてなかった。

のだが、、、
いやいや恐れ入りました。

中村一義率いるバンド100s(ひゃくしき)のアルバム「OZ」がとにかくサイコー。
イントロっぽいM1はさておき、M2からM4の流れでノックアウトだ。
とにかくバンドの結束力の固さ、遊び心がギンギンに伝わってくるし、中村のメロディーメーカーぶりも良すぎるんです。

大学時代に聴いた中村のソロ(名盤の誉れ高い)「金字塔」では全くピンとこなかった。
なんかあの宅録感と、線の細いヴォーカルがイマイチ好きになれなかったんだよね。

ただ、今回の100sは何の文句も無しの名盤です。
もう20回以上聴いている。オイラにしてはホント珍しい入れ込みっぷりなのだ。

とにかく皆に聴いて欲しいデス。

久々の邦楽のオススメ100S「OZ」必聴なのだ。
c0064706_23343189.jpgc0064706_23344770.jpg









100s
[PR]
# by sorapapa227 | 2005-03-02 23:06 | 音楽 | Comments(0)


大好きな音楽やギタリスト、食、サッカーなど、程よくテキトーな日常日記


by sorapapa227

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
音楽

蹴球

雑記
ラーメン記

麺即撮

以前の記事

2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

最新のコメント

240_8さん こちら..
by sorapapa227 at 12:21
ご無沙汰してます。我が家..
by 240_8 at 14:54
DOUGさん、こちらこそ..
by sorapapa at 22:02
遅くなりましたが今年もよ..
by DOUG at 19:59
DOUGさん 遅くなり..
by sorapapa227 at 10:25

最新のトラックバック

倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..
野武士、西へ
from 天竺堂の本棚
春畑道哉 「Smile ..
from 音楽の杜
Vandenberg 「..
from 音楽の杜

お気に入りブログ

k_17g's warp 3
空の成長日記
ROCK ANTHOLO...
I Can Hear M...
音楽の杜
シェリリのギター練習日記
TEYUKUNのつぶやき
上村愛子オフィシャルブログ

外部リンク

ライフログ























































































ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
食べ歩き

画像一覧